マルベリー

「小笠原に来なくてはいけない理由」


「小笠原に来なくてはいけない理由」

 

「小笠原に来なくてはいけない理由」、

小笠原ならではのこと、ナンバー1、オンリー1のことを集めてみました。

その29までは

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E3%81%84%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E7%90%86%E7%94%B1

 

項目だけ紹介すると、

その1「見送りがすごすぎる」

その2「南島・扇池が美しすぎる」

その3「ミナミハンドウイルカが可愛すぎる」

その4「ムニン・ボニンが多すぎて癖になる」

その5「治安がいいので油断しまくり」

その6「曜日の感覚がなくなる」

その7「盆踊りが盛り上がりすぎる」

 

 

その8「ギョサンが癖になる」

その9「枕状溶岩があちこちにありすぎる」

その10「植物の固有種が多すぎる」

その11「高さ250mの断崖がこわすぎる」

その12「ハシナガイルカのスピンがすごい」

その13「アオウミガメの食文化を楽しめる」

その14「帰りの船に乗るのが嫌になる」

その15「ハートの形が大きすぎる」

その16「いまだに陣地跡に多くの大砲が残る」

その17「天皇陛下が2代続けて行幸の島だから」

その18「ザトウクジラが、長期間、高確率で見れる」

その19「元旦が海開きで、年中泳げる!?」

その20「品川ナンバーの車だらけ」

その21「鯨類(イルカ・クジラ)が通年でみられる}

 

 

その22「浜辺で鴬砂(うぐいす砂)が見られる」

その23「アオウミガメ日本最大の繁殖地だから」

その24「運動会が小・中・高連合運動会」

その25「小笠原高校は夏の体育授業がウィンドサーフィン」

その26.「スマホ・携帯が往復でそれぞれ12時間以上圏外」

その27.「小・中総合は小笠原の自然・文化盛りだくさん」

その28.「中・高の修学旅行は9泊10日」

その29.「小・中・高の入学式は同じ日に時間差で」

その30.「日本一早い初日の出」

小笠原に来なくてはいけない理由、その30.「日本一早い初日の出」

 

その31.「日本の端(東・南)が2ヵ所もある」

小笠原に来なくてはいけない理由、その31.「日本の端(東・南)が2ヵ所もある」

小笠原に来なくてはいけない理由、その32.「普通、昼休みは一時間半」

 

小笠原に来なくてはいけない理由、その33. 「東京都最南端・最東端バス停がある」

 

こうやって項目だけ見ても、自然系と生活系でそれぞれあります。

 

自然系はやはり世界自然遺産だけあります。

生活系は、船で24時間もかかる超隔離された島、

というのが出ていると思います。

 

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。