マルベリー

NTT WE MARINE「SUBARU」(2009年乗船・再編集版)


 

NTT WE MARINE「SUBARU」(2009年乗船・再編集版)

 

 

概要

 

2009-11-19、

二見岸壁でのSUBARU」の乗船見学の写真記録です。

 

子ども2人と一緒に見学しました。

帰りにはお土産に各自に帽子もいただきました。

 

この船はケーブル敷設船で、

小笠原では光ファイバー敷設の工事で来ていました。

船内はいかにもケーブル敷設船という感じの装置がいっぱいでした。

 

「SUBARU」概略
船籍:日本(東京) 全長:124M   幅:21M 

最大荷載喫水:7M  総トン数:9557トン

 

ケーブル敷設船  https://www.nttwem.co.jp/ship/subaru/

 

この船での海底ケーブル敷設作業のおかげで、

光ファイバーが通り、通信関係はより便利に快適になりました。

 

最後に、すばるの皆さんありがとうございました。

 

 

 

 

船内外

 


全景

 


乗船タラップ


船尾側


中央部ブリッジ付近


ブリッジ中央部


中央部前面

ブリッジから前方


ブリッジ左舷側


ブリッジ後部側


ブリッジから後部甲板


救命ボート


煙突

 

 

 

作業関連区画

 


ROV操舵室


遠隔操作の水中ロボット


鍬式埋設機


後部甲板


リニアケーブルエンジン


ドラムケーブルエンジン


作業場


ケーブルエンジン作業室

 

 

 

 

帽子

 

かぶっているのは、当日いただいたSUBARUの帽子です。

2020年時点で、我が家にはまだ1つだけありました。

 

この見学会のあと、

しばらくは島内でこの帽子かぶっている人が多くいました。

さすがに最近はもおう見なくなりました。

 

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。