マルベリー

夜明山戦跡群
戦跡ツアー、森歩きツアーで訪れます。(2時間程度)

  • 1 主だった戦跡

     

    海軍:
    通信隊夜明山送信所・食料庫壕、海軍十年式十二糎高角砲および陣地壕など

    陸軍:
    四一式山砲および壕、八八式七糎野戦高射砲および陣地壕・砲台跡・
    発電機室・監視トーチカなど

    さらにビンや食器、かまど、トロッコ車輪・レール残骸など

  • 2 海軍通信隊食料庫

    海軍通信隊食料庫

    出入口は3ヵ所。全長250m以上。

    碍子、貯水タンクなど残る。

  • 3 四一式山砲

    陸軍四一式山砲

    格納庫と思われる小さな壕

  • 4 食器、瓶類

    山中、ところどころに散乱する瓶や食器類

  • 5 トロッコレールと車輪

    軍道脇に残るトロッコレールと車輪。

    壕の掘削などで使ったと思われます。

  • 6 八八式七糎野戦高射砲

    陸軍八八式七糎野戦高射砲

    洞窟の中にあります。貯水槽も。

  • 7 同高射砲陣地

    展望も素晴らしい

  • 8 十年式十二糎高角砲

    海軍十年式十二糎高角砲

  • 9 高射砲の防空砲台

     

    対空防御として高射砲の防空砲台

  • 10 発電機室

    発電機室跡

  • 11 別な高射砲陣地

    別な高射砲陣地の入り口

    バラバラの高射砲が2門残る

  • 12 慰霊碑

    夜明会が設置した

    高射砲隊の慰霊碑

  • 13 海軍通信隊送信所

    山の上からの海軍通信隊送信所

  • 14 海軍標石

    海軍標石

    夜明山には海軍二が残る

  • 15 コースマップ

  • 16 モデルコース例

    モデルコース例:

    2時間程度 歩行距離2kmほど

    夜明山駐車場から東京都の防災無線鉄塔のあるルートを入ります。
    この戦跡ルートも奥のほうは
    国有林の指定ルートのため入林パスが必要です。

     

    ルートに入ってすぐ右手に
    海軍通信隊食料庫壕があります。
    通路を入ると中は大きな壕になっています。
    内部は長方形のルートがある壕でで出入り口は3ヶ所です。
    全体で200m以上あります。
    中には大型のドラム缶(水槽?)、電線とガイシが残っています。

    階段状の坂道を上りきったあたりに右側に入る小道があります。
    そこには四一式山砲が壕に残っています。
    壕は小さな壕です。

     

    元の道を防災無線鉄塔付近まで歩き、そこから左の小道を行きます。
    この小道はパスが必要になります。

     

    まず右手に行きます。
    すぐにビンや食器の遺留品があります。

    さらに進むと
    鉄板・トロッコ車輪・レール・セメント塊などが残っています。

    その奥に八八式高射砲陣地壕があります。
    階段状になった細い道を中に入ります。

    すぐに水槽があります。
    左に進むと、高射砲および銃眼があります。

    戻って別な明るい方に行くと、外は崖の上です。
    境浦・二見方面が絶景です。午前が順光で特にいいですね。

     

    壕を出たあとはもとの道をずっと戻ります。
    2手に分かれたところのもう一方に行きます。

    すぐにかまど・水槽・発電機室などがあります。
    さらに奥には高射砲の砲台跡が4つ残っています。
    この砲台は19年末夏以降に大砲が他の洞窟に移設されています。

    別な側には海軍の十年式十二糎高角砲が2ヶ所に計3門残っています。
    普通は、足場のいい1門残っている場所に行きます。
    入り口は階段状になっています。
    ここは初寝側(東側)の海が見通せます。

     

    このあと防災無線のところまで戻ります。
    このフェンス沿いに右手に上りきると、
    そこにもビンや食器の残骸が多数あります。

    この奥にも高射砲の陣地があります。
    この中には2門の高射砲がありますが、どちらもバラバラです。

    この壕は横の出入り口は4ヶ所あります。
    1ヶ所入り口付近に高射砲のタイヤ4つ・ジャッキが残っています。
    別な入り口には小さな銃眼や鉄の扉が残っています。

    壕の上の岩場には監視のトーチカがあります。
    さらにその上に高射砲隊の慰霊碑が貼り付けてあります。

    別な側には探照灯をすえた跡が残っています。

     

    フェンス上のビンや食器の残骸に戻り、
    北西側の道をしばらく進みます。

    途中2ヶ所に
    またビンや食器、レール、甕、釜などの残骸が残っています。

     

    その奥はレール壕です。
    100mほどある壕を進むと2手に分かれます。
    一方はその先で行き止まり。もう一方は出口に出ます。

    出口からロープ沿いに道に出ると、
    すぐ近くに「海軍二」と書いた大きな石標があります。
    その先のの岩場に上ると、
    そこからは眼下の海軍送信所が2棟よく見えます。

    道に戻って上に登ると、夜明山山頂です
    下ると、元の駐車場です。

     

    この間、2時間~2.5時間ほどです。
    お疲れ様でした。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する
SHARE
PAGE TOP