マルベリー

全長250Mほどの海軍通信隊壕


 

全長250Mほどの海軍通信隊壕

 

 

概要

 

夜明山にある海軍通信隊壕。

居住壕兼食料庫といわれています。

 

入り口は3ヵ所で、全長は250Mほどはあるかと思います。

入り口の通路がそれぞれ20M以上あり、中の大きな壕につながっています。

当時は扉もあったようで、残骸が残っています。

 

内部は50×30Mほどの長方形に掘られていて、

水がしたたる天井の枝道が30Mほどあります。これで190Mほど。

通路が20×3=60Mで、合計250Mです。

(正確にメジャーで測ってはいませんので、あくまで推定)

 

戦後、中はきれいに片付けられていて、

金属製の貯水タンク、碍子、小瓶程度が残っている程度に過ぎません。

 

 

内部利用の詳細は不明です。

 

僕の推定では

通路が終わるとすぐ天井の高い部分(高さ4-5M)が50Mほどが食料庫で、

より奥の部分(2M以上)が居住区かと考えています。

 

 

天井からつねに水がしたたるところは

コンクリートが打ってあり、水をためる桝もあります。

当時からそういう状況だったのだろうと考えます。

 

排水の溝もあって、中央の出入り口に通じていますが、

現在は出入り口付近で水がたまったままになっています。

 

 

写真紹介

 

道路に近い入り口

同 内部から

 

中央の入り口  水がたまる

同 内部から

 

インスタ映えしそうな、洞窟陣地からの風景

 

 

奥の入り口  外の崩落で狭く

 

同  内部から 左に曲がってすぐ出口

 

左 入り口  右天井の高い部分(食料庫?)

 

水がしたたる天井

   

同 すぐそばの桝

 

貯水タンク

 

  

碍子

小瓶

 

 

 

ツアーでは

 

戦跡ツアーが定番です。

戦跡ツアー

夜明山戦跡群

興味があれば、景観ツアーでも見学可能です。

自然景観(島内観光)ツアー

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。