小笠原マルベリー

「小笠原村平和都市宣言」


 

概要

 

「小笠原村平和都市宣言」は、

小笠原村が平成7年(1995年)に制定したものです。

小笠原村平和都市宣言 (vill.ogasawara.tokyo.jp)

 

宣言文を書いた碑が

二見岸壁クジラモニュメント付近にあります。

 

端の方にあって、

観光の人にはあまり目にとまらないようです。

残念です。

 

みなさん、着いたときは足早に波止場を立ち去るので、

見る機会もあまりないことでしょう。

ですから、

帰る際にでも、ゆっくりご覧になって下さい。

 

 

’22/1月、村役場前に移設されました。

 

「小笠原村平和都市宣言」碑が村役場前に移設(’22/1月末)

 

 

本文

 

 

「 平和で豊かな自然の中で暮らす我々小笠原村民は、

  世界中の人々が平和を分ち合えることを願う。

 

  この願いは、小笠原の生い立ちが物語っている。

 

  我々の先人が築いた文化を、歴史的に分断した強制疎開。

 

  今なお一般住民の帰島が許されず、

  遺骨収集もままならぬ玉砕の地硫黄島。

 

  このような地小笠原に生きる者として、

  戦後五十年を迎えるにあたり、不戦と恒久平和を誓い、

  豊かな自然を後世に残すために、小笠原村が平和都市であり、

  またその使命を全うすることを宣言する。  」

 

 平成7年8月15日
                  小笠原村

 

 

 

 

 

実際の様子

 

船客待合所の一番端っこにあり、目立ちません

 

全景

 

台の部分のイラスト  

左・ハハジマメグロ  右・タコノキ

 

左・アオムロ(クサヤモロ)?  右・ヒメツバキ

 

 

 

 

 

 

当時の様子(村サイト)

 

当時の様子

 

 

 

 

見るには?

 

波止場の端っこにありますので、

立ち寄ってみてください。

 

ツアーでよることはほとんどありませんが、

集合場所がここの時に紹介することはあります。

 

全ツアーメニュー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。