マルベリー

青灯台遊泳場解禁、実質的な海開き


 

青灯台遊泳場解禁、実質的な海開き

 

父島は1/1海開きイベントしますが、

実質の海開きは青灯台解禁日からです。

 

5/30午前、青灯台にブイ・フロートが設置され、

小笠原小・中学校PTA主催での青灯台周辺のノロ落しがありました。

 

ブイ・フロートの設置は

小笠原スクーバダイビング安全対策協議会のボランティア活動です。

 

 

ノロ落しとは

親水護岸についた貝類や藻などを道具を使って落とすことです。

 

これをやることで、切ったり滑ったりのケガの防止になり、

安心して遊べるようになります。

 

この日は天気もよくなり、さっそく子供達が青灯台で泳いでいました。

 

ここでは防波堤から飛び込みもできます。水深は5mほど、十分な深さです。

 

ここで遊ぶには「青灯台の約束」があります。

http://www.ogashou.ogasawara.ed.jp/news/5300/

 

ブイ・フロートが撤去される9月ごろまで

約束守って、楽しんで下さい。

 

ここで思い出話。

僕がPTA会長だった頃のある年、

この場所の一部に工事中断区間があり、支庁港湾課から使えないという話しが来ました。

 

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/449990943.html

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/450052100.html

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/450756830.html

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/450919322.html

 

こちらもアイデア出して使えるようにと交渉の時はハードでした。

支庁長・課長をぶん殴ってやろうかと思うような時もありました。

会長という立場を忘れずに、切れずになんとかなんとか。

 

結果、対策講じて、条件付きで、ブイ・フロート設置が認められ、

遊ぶことができました。

 

これがPTA会長としての4年間での一番の成果だったかな?

さて、あのときの支庁長・課長は今どこにいるのかしら?

懐かしいけど、むかつく思い出です。

 

過去の記事

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%88

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。