目次

概要

 

集落内で

キダチチョウセンアサガオ(ナス科・外来種)の花が見られています。

 

トランペット状の大きな花が多数咲いていて

とても目立ちます。

花は白だけでなく他の色の品種もあるようです。

 

本種は和名がアサガオでも、

ヒルガオ科ではなく、ナス科です。

低木性の樹木です。

 

 

 

 

 

和名

 

キダチチョウセンアサガオ、

漢字では、「木立朝鮮朝顔」。

 

原産地は南米、

朝鮮原産ではなく、外国から来たという意味合いのよう。

唐(トウ)や蛮(バン)がつくのと

似たようなものでしょうか。

 

属名からブルグマンシア、

花の形から

エンジェルストランペット(Angel’s Trumpet)ともいうようです。

 

 

 

 

 

実際の様子

 

 

花はみな下向きに咲いています。

漏斗型合弁花冠、おしべ5、めしべ1です

 

 

 

めしべの花柱が長くのびていて、

中間あたりに花柱にくっついたおしべ5があります

おしべ5がまとまって一体になっているように見えます

 

ヒルガオ科の花だと、

おしべ5,めしべ1はそれぞれ独立していて、

こういう風にくっついてはいないです

 

 

 

 

 

見るには?

 

植栽の植物なので、

集落エリアで見ることができます。

 

分かりやすいのは、

二見台都住(診療所の上)の道沿いです。

 

興味があれば、ご紹介します。

 

全ツアーメニュー

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。