マルベリー

小笠原陸域専門ガイド マルベリー/

小笠原陸域専門ガイド マルベリー

世界自然遺産の森・山・戦跡を

小笠原陸域専門ガイド「マルベリー」では、

貴重な動植物や素晴らしい景観に出会う山歩きや森歩き、

夜行性生物、夜の自然の神秘に包まれるナイトツアーやサンセットナイト、

数多く眠る戦跡、短くも紆余曲折の歴史などを体験するツアーなども催行。

さらに季節限定ツアーやパックツアーも催行。

マルベリーは2000年より事業を開始し、実績もたっぷりです。

 

マルベリーとは小笠原にちなんだ名前です。

MULBERRY BAY(地名)と、オガサワラグワ(固有種)ちなんでいます。

メインガイドは夫婦2人です。

マルベリーのウリは?
/

マルベリーはここが違う!?

  • 小笠原LOVE

    縁もゆかりのない小笠原に移住して、早30年近く。
    小笠原でご縁を頂き結婚、子供にも恵まれました。
    屋号・マルベリー、子供の名前・千尋と旭と、父島にちなんだ名前をつけました。
    マルベリーの車は千尋のごろあわせで10-16(ちひろ)に。

    1
  • 自然を満喫

    世界遺産になってからは山に入る人も増えています。
    せっかく小笠原に来たのだから、自然の中でゆっくり時間を過ごしてほしい。
    そんな思いを、現実にするために、時間や場所を調整して、
    なるべく他の業者とバッティングしないようにしています。

    2
  • 実  績

    2000年より事業開始。当時は4件目でした。
    マルベリーが最初に始めたツアーは戦跡、ウミガメ、サンセットナイト、歴史などで、
    先駆的にツアー開発し、ガイドしています。
    夫婦でガイドを始めたのも最初。

    3
  • 現地情報収集

    フィールドの情報を定期的に現地調査でチェックし、アップデートしています。
    文献・報告書などの資料による情報収集もおこたりません。
    ナイトツアーについては毎便入港前に現場下調べしています。

    4

ツアーメニュー/

画像クリックで詳細も

山歩き(千尋岩)

 

南部の千尋岩(ハートロック)コースです。

 

終点は千尋岩の上で250ⅿの断崖。絶景が広がります。

 

母島や南島の展望もばっちり。

 

高木林、軍用車やレーダー残骸、ガジュマル林も見所です。

 

森歩き

 

海岸林・低木林・高木林・ガジュマル林などを紹介します。

 

動植物、景観、森の雰囲気を楽しみます。

 

小笠原の自然の概要がしっかりと分かります。

 

老若男女、お子様も参加しやすいコースです。

 

戦跡ツアー

 

小笠原に数多くの戦跡が眠っています。

 

森の中を歩きながら陸海軍の実戦部隊の陣地を巡ります。

 

壕・大砲・山砲・探照灯・戦闘機残骸など。

GUIDE/

ガイド紹介

GUIDE

夫婦二人がメインガイド。

大学生の長女と、高校生の長男がいます。

 

植物・歴史・戦跡に詳しい夫ガイド(吉井信秋)と

自生種の苗育成に励む、植物に詳しく、明るい妻ガイド(吉井嘉子)です。

(団体様向けには非常勤スタッフも入ります)

 

吉井 信秋 50代

 

大阪市生まれ。

茨城県立水戸一高で硬式野球部に励む。

北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。

某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。

数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。

その後、小笠原・父島に移住。

島でダイビングインストラクターなどの仕事を経験後、

2000年独立開業。

小笠原・父島で、陸域専門ガイドとして

山歩き、森歩き、戦跡などのガイドを勤める。

経験と知識は豊富だが、人付き合いがやや苦手で、

いまだにお客様対応でたまに失敗している。(涙・悲)

分担執筆の本・報告書

 

吉井 嘉子   40代

 

千葉市生まれ・育ち。
東京の短大を卒業後、某繊維企業に就職。
ダイビングに魅せられ、小笠原へ。その後、結婚、出産。
現在・森・山・島内観光のガイドとして活躍中。

地元NPOでは苗畑の水遣り・管理など担当。

特にオガサワラグワの苗の育成には詳しい。

(村の事業・オガサワラグワの森にもかかわっています)

話好きなので、解説やおしゃべりが長くなってしまうことあります。

 

マークはツアー集合場所になっている小笠原ビジターセンター駐車場です。

マルベリーは事務所での集合や接客ははしていません。

小笠原陸域専門ガイド マルベリー/

〒100-2101 

東京都小笠原村父島字清瀬清瀬都住6-302

(事務所での応対はしていません)

代表 吉井信秋 電話 04998-2-3423

メール info@ogasawara-mulberry.net

お問い合わせ

 

SHARE
PAGE TOP