戦跡ツアーのウリ(1)・・火砲(大砲)

 

小笠原で定番のツアーの1つが戦跡ツアーです。

しかし、実際にはどういう戦跡が残っているか、知らない方も多いようです。

 

そこで、戦跡ツアーのウリを複数回に分けて紹介します。

 

 

(1)火砲が残る

 

国内の戦跡で、砲台跡はよくあります。

 

しかし、そこに当時の火砲が残っている場所はほぼありません。

レプリカを置いてあるところはいくつかあるようです。

 

小笠原にはその火砲(大砲)が、当時のままの場所で、

多数残っています。

いずれも、保存しているわけではなく、放置状態です。

 

本来、対空防御のための大砲でしたが、

戦争末期に洞窟の中に移され、地上戦に備えたのが大部分です。

父島で露天の大砲は2門しか知りません。

 

大砲は、大部分は戦後、破壊されていますが、

原型に近いものもいくつかあります。

 

 

 

 

原型に近いものが残る戦跡は定番コースとなっています。

たとえば、

海軍十年式十二糎高角砲、陸軍八八式七糎野戦高射砲、陸軍四一式山砲などです。

 

これらはいずれも夜明山に現存していますので、

このルートは必須ポイントとなっています。

 

陸軍四五式二十四糎榴弾砲は砲身の一部が公園に残っています。

その他、

原型をとどめない、バラバラになったような大砲もいくつか残っています。

 

 

戦跡ツアー

 

 

 

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。