マルベリー

森歩きのウリ(2)・・適度な歩行距離と高低差


 

森歩きのウリ(2)・・適度な歩行距離と高低差

 

小笠原で定番のツアーの1つが森歩きです。

森歩きは歩くルートなどが明記されていないので、わかりにくい点があります。

そこで、森歩きのウリを複数回に分けて紹介します。

 

 

(2)適度な歩行距離・高低差

 

森歩き1日コースでは

乾性低木林(小低木林含む)、高木林、ガジュマル林、海岸林などの

4つの樹林を紹介できます。(海岸林は行かないときもあります)。

 

ルートは定番のコースを主に、希望に合わせてアレンジします。

 

歩行距離は歩数で1万歩程度。(平地換算5-6km)程度。(半日は6000歩程度)

1ヵ所の高低差は最大70mほど(中山峠は100以上)。

 

森歩きでは、誰でも参加しやすいよう、楽に歩けるところをメインにしています。

 

高低差のイメージで分けてみましょう。

 

 

 

なだらかなルート

 

なだらかなルートは

東平、桑ノ木山、巽度道路終点岩山、夜明山、村民の森などがなだらか。

(とは言いつつも、多少のアップダウンはあります。)

 

東平&初寝山(森歩き)

 

桑ノ木山ルート(森歩き)

 

夜明山戦跡群

 

 

 

 

高低差あるルート

 

高低差のあるところは

旭山(70m)、中央山(50m)、赤旗山(50m)、傘山(50m)、躑躅山(50m)など。

旭山、中央山は階段で整備、他は山道の岩場の斜面です。

 

傘山(森歩きコース)

 

赤旗山・躑躅山・朝立岩コース

 

中央山園地ルート・・父島最高峰と地球の丸さを体験

 

旭山歩道・・幕末に日章旗を立てた山(ふらふ山)

 

 

 

 

ツアーでの配慮

 

高低差のあるところを避けたい方は事前にお申し付け下さい。

アレンジします。

 

森歩きは複数ルートの組み合わせです。

一日・半日では、高低差のあるルートは1ー2ヵ所までです。

ルート変えるときや、昼に、休憩タイムが取れます。

 

のんびり歩きながら、動植物や展望をじっくり楽しんでもらえればと思っていますので、

あまり体力消耗せず、余裕のある行程で考えています。

 

高木林

 

ガジュマル

山頂の岩場

 

 

 

 

ツアーでの紹介

 

一日ツアーでは、複数ルートを歩きます。半日では1-2ルートとなります。

 

 

森歩きのウリ

https://ogasawara-mulberry.net/?s=%E6%A3%AE%E6%AD%A9%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%83%AA&searchBtn=%EF%92%A5

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。