小笠原マルベリー

父島に残る2つの二宮尊徳像


 

概要

 

父島には

2つの二宮尊徳(二宮金次郎)像があります。

 

戦前、父島は、

大村と扇村袋沢村にそれぞれ尋常小学校がありました。

 

大村および扇浦尋常高等小学校校歌

https://ogasawara-mulberry.com/sub4-30.htm

 

二宮像は

大村尋常小学校と扇浦尋常小学校とそれぞれにありました。

 

この石像は

捕鯨会社の大屋政太郎氏が寄贈したもので、

2つとも同じ形です。

 

紆余曲折があって、

現在、大村の像は夜明山に、扇浦の像は小笠原中学校にあります。

 

 

 

 

 

小笠原小中学校

 

サイズは小学校低学年ぐらいの大きさです。

モデルは長女7歳の頃です。

 

大屋政太郎の名が刻まれる左足の補強部

 

これは

捕鯨会社の大屋政太郎氏が寄贈したものです。

 

 

 

 

 

夜明山

 

 

説明板

 

大村の像は

戦後、首から上が切り取られて首無し尊徳といわれています。

 

ちなみに彼が背負っている薪の数は26本です。

何キロぐらいですかね?

 

 

 

 

 

 

見学について

 

中学校の像は校舎の前庭で敷地の中なので、

勝手に見学することはできません。

(関係者以外の立入りはご連絡を)

 

夜明山の像は道沿いにあり、自由に見学できます。

マルベリーでは景観・戦跡ツアーなどで立ち寄ります。

 

自然景観(島内観光)ツアー

 

戦跡ツアー

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。