目次

夜明山陸軍高射砲隊洞窟陣地

 

 

 

概要

 

夜明山には高射砲隊の洞窟陣地が2つ残っています。

もともとは防空砲台として露天で据えていたものです。

 

それぞれの陣地には高射砲も現存。型式は八八式七糎野戦高射砲です。

南の陣地は1門(原型に近い)、北の陣地は2門(かなり破壊)あります。

どちらの陣地も、狙いは西向きで二見湾内と考えられます。

 

それぞれの洞窟陣地内には

貯水槽の他、生活必需品(瓶や飯ごう)の残骸、高射砲のタイヤなども残ります。

 

 

 

 

南陣地

 

南陣地は高射砲1門、貯水槽1、出入り口2ヵ所など。

 

軍道から続く入り口、外側が崩落して崩れている

 

内部の貯水槽

 

高射砲

  

 

刻印 上は 八八式七糎野戦高射砲  下は 昭和十六年製

 

銃眼  現在、前方は樹林で見通しなし

見張り口

 

展望

陣地そばのレールとトロッコ車輪

洞窟構築の際、使用したと思われます

 

 

 

 

 

 

北陣地

 

北陣地は高射砲2門、貯水槽2、出入り口4ヵ所、監視のトーチカなど。

 

 

水につかった高射砲

 

別な高射砲

 

はずされたタイヤ4綸分

 

壕の上のある監視のトーチカ

トーチカの上の慰霊碑

慰霊碑 第百九師団高射砲隊戦没者 夜明会  昭和四拾六年五月(46年5月) 

 

 

扉の残る出入り口

出入り口付近の銃眼

 

 

防空砲台周辺

 

高射砲は昭和16年(1941)、このエリアの防空砲台に設置され、

昭和19年(1944)秋以降に洞窟陣地に移設されました。

 

 

防空砲台  4つ残る

発電機室

 

調理小屋があった場所のかまど

 

貯水槽

 

 

 

 

ツアーでは

 

ここは戦跡ツアー、

一日コースは定番です。半日コースは一部になることもあります。

半日コースで、じっくりみたい場合はリクエスト下さい。

 

夜明山戦跡群

 

戦跡ツアー

 

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。