小笠原マルベリー

近自然工法での山道補修あと(2020年11月)


 

近自然工法での山道補修あと(2020年11月)

 

 

概要

 

2020年11月、10日間ほど、

近自然工法での山道補修が実施されました。

ルートは千尋岩ルートです。

 

これは、

小笠原村観光協会が、提案型事業で、環境省から受託したものです。

 

作業員は有給で、ガイド部会員が従事しました。

指導は岡崎哲三さんです。

 

岡崎氏は毎年冬場の村の事業でも来島してくれていますので、

顔なじみの方です。

生態系の復元を目指して – 北海道山岳整備 (jimdofree.com)

 

僕はちょうど内地出張でいませんでしたが、

妻は数日作業員として出かけました。

 

作業あと、施工箇所が歩きやすくなりました。

 

 

 

 

現場例

 

父島の場合、浸食で道が大きくえぐれているところはあまりありません。

補修の大部分は足場のやや悪い斜面やぬかるみやすいところや、

路肩が崩れてきたところなどです。

 

シロアリに食われにくいモクマオウの材と石材の組み合わせで、

細かい階段状にすることが多いです。

 

はめた材をどういう風に固定するかはその場所次第です。

 

 

 

階段施工

 

 

ぬかるみやすい場所の施工

 

ぬかるみやすい場所の施工

 

足場の悪い斜面を石段で補修したところ

 

 

 

過去の事例

 

これまでの事例はブログで。

近自然工法: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

路肩補修

 

急斜面の階段施工

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。