小笠原マルベリー

「エコツーリズムってなに?」(小林寛子)


 

概要

 

2002年発行、

「エコツーリズムってなに?」(小林寛子)。

サブタイトルは

「フレーザー島からはじまった挑戦」。

エコツーリズムってなに? :小林 寛子|河出書房新社 (kawade.co.jp)

 

著者とは以前から面識があり、

会合のあとで一緒に懇親させてもらったこともあります。

とても明るく気さくな方です。

 

現在(2021年1月時点)、

東海大学教授(熊本キャンパス)です。

小林 寛子|教員紹介|東海大学 (u-tokai.ac.jp)

研究室紹介 – 東海大学 熊本キャンパス (u-tokai.ac.jp)

 

本書は再々読ぐらいです。(2021年1月時点)

 

うちのガイド事業は2000年から始めていました。

この本が2002年発行で、

まだエコツーリズム本もそれほど出ていない時期。

初版はすぐ購読しました。

 

2002年には、

まだ一人歩きしていなかったエコツーリズム。

その後、かなり浸透して、

2021年時点、十分一人歩きしていると思います。

小笠原もその点では貢献してると思います。

 

今回は

初心に返ろうということで読んでみました。

 

初期のエコツーリズムは

環境破壊から守る手段として始まったところが多いと思います。

2000年以降、特に日本は、

地域活性化の手段としてエコツーリズムを導入していきました。

 

 

 

 

 

目次

 

1 エコツーリズムとの出会い

2 なぜ今エコツーリズムなのか?

3 エコツーリズムを実践するために

4 オーストラリアのエコツーリズムに出会う旅

     -世界最大の砂の島にエコリゾート誕生

5 エコツーリズムの今、そしてこれから

付録 エコツーリズム世界事情

 

 

 

 

 

内容

 

前半でエコツーリズムの基礎編、

後半で事例や今後についてが書かれています。

 

著者は

オーストラリア・フレーザー島に長く関わっていた方。

事例は海外のものが主体で、

特にフレーザー島については第4章に詳しいです。

付録も世界事情についてです。

 

国内事情についてはあまり載ってはいません。

(もし、これから増版があるとすれば、

      国内事情も入ってくるでしょう)

 

あとがきで、

当時、著者が考える3つのキーワードを書いています。

「知ること」「伝えること」「分かち合うこと」です。

ガイドの大きな役割です。

 

かつてエコツーリズムとはなんぞやということで、

環境省の担当者は2つの本質的要素だけをあげました。

それはルールとガイダンスです。

ルールを守るのもガイド、ガイダンスもガイドの大きな役割。

 

 

 

 

 

小笠原のエコツーリズム

 

「小笠原のエコツーリズム」(寄稿文・再編集版)

 

小笠原のエコツーリズムとエコツアー(2011年投稿文・再編集版)

 

小笠原諸島におけるエコツーリズムの展開(2015年投稿文・再編集版)

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。