小笠原マルベリー

夜明・湾岸道路一周での自生植物(47)シマホルトノキ


 

夜明・湾岸道路一周での自生植物(47)シマホルトノキ

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は90種類ほどあります。

奥村・旭橋から時計回りで、主には見られた順に紹介していきます。

 

(47)シマホルトノキ(ホルトノキ科・固有種)

 

シマホルトノキは父島の代表的な高木性樹木です。

幹まわり5m以上の巨木になるものもあります。

大木になってくると、幹にこぶができたり、板根が発達したりし、

独特な樹形になります。

 

花期は6-7月頃です。

花盛りになると、周辺にかなり甘ったるい匂いがただよいます。

セイヨウミツバチモかなり集まり、ブンブンと羽音が聞こえてきます。

 

分布は父島、兄島、弟島、母島などです。

より湿性な土壌のいい高木性樹林を好むようですが、

父島では乾性低木林内でも、少し生えてはいます。

 

このルート沿いでは、

夜明道路沿いの高木性の樹林でところどころに生えています。

島一周 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

小笠原ではホルトノキ科自生種は本種とチギの2種です。

ただし、チギは火山列島のみに自生し、

小笠原群島では本種のみが自生します。

 

シマホルトノキの花・・甘い芳香

 

 

 

和名

 

シマホルトノキは、強いていえば「島ホルトの木」と書きます。

意味は島に生えている、ホルトガル(ポルトガル)の木です。

 

語源としてホルトというのはポルトガルのことで、

オリーブと混同されたという説があります。

確かに果実はやや似ていますね。

 

大きく成長すると、幹にこぶがでやすいので、

島では「コブノキ」とも言われます。

(父島ではコブのある個体は少なめ)

 

 

 

 

 

この樹は、ある程度大きくなると、板根が発達します。

 

さらに大きくなると、地上に近い幹にコブが出やすくなります。

 

ただし、

父島ではコブのあるようなものは、あまり多くはないです。

特に山道・歩道沿いではわずかしかありません。

 

 

 

 

 

花期は6-7月頃。

花は総状花序の先に、黄白色5弁花です。

 

花冠の形が、

冠のように丸まって見えるので、一見、5弁花には見えません。

でも花弁は1つずつ分かれています。

 

 

花が落ちたときに地面を見ると、花弁が1つずつばらけて落ちています。

 

花弁の先は糸状に細裂しています。

花弁の隙間から見える緑のものは萼片の色です。

 

おしべは多数(5の倍数?)、めしべ1です。

 

おしべの先は2裂していて、よく見るとくちばしのようです。

 

 

 

 

 

葉は縁に低鋸歯があります。

 

夏を迎える前に、紅葉して落葉する葉がそれなりにあります。

半落葉樹という感じです。

 

 

 

 

 

果実

 

果期は11月頃から

 

直径1cmぐらいの縦長の球形の果実。

落ちてすぐは外の果肉が濃緑です。

そのうち果肉が取れて、小ぶりな種だけになります。

(果肉の部分は食用になります。)

 

この果実・種は

アカガシラカラスバトの餌となっています。

 

 

 

 

 

見るには? ツアーでは?

 

おもに高木性の樹林で生えています。

森歩きや千尋岩で紹介します。

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。