小笠原マルベリー

ピンクの小花、アレチヌスビトハギ


 

ピンクの小花、アレチヌスビトハギ

 

概要

 

 

’21/8月下旬、夜明道路の道沿いで、

アレチヌスビトハギ(マメ科・外来種)の花が咲いていました。

 

父島では

8-10月ごろに花をつけているようです。

 

本種はマメ科の一年生草本です。

この時期は

道端に雑草のようにしげっていました。

一年草ゆえ、冬場は枯れて姿を消しています。

 

見つけた場所以外では、あまり見ないので、

それほど広範囲に野生化してはいないかと思います。

 

 

 

 

和名

 

アレチヌスビトハギは「荒地盗人萩」。

 

果実が盗人(ヌスビト)の足跡に似てるからとか?

ということです。

 

荒地(アレチ)とは、

道端などの条件がよくないようなところでも生えることからでしょう。

 

アレチヌスビトハギ – Wikipedia

 

 

 

 

 

花の様子

 

道端で雑草のように密生して生えています。

 

あまり立ち上がらずに生えているので、せいぜい50-60cmほどの高さ。

 

花は紅紫色で、5弁の蝶形花です。

 

上側の旗弁下側に、緑のアクセントが2つ、蜜標でしょう。

下側の花は2重に重なり、翼弁2,竜骨弁2。

おしべ10、めしべ1。

 

 

花を横から見たところ

 

おしべ10とめしべ1がのびています。

おしべは9と1に分かれています。

9は癒着して筒状になり、 先の方だけが9に分かれています。

 

 

3出複葉の葉も特徴的です。

 

 

 

 

果実

アレチヌスビトハギ果実は粘着性

 

 

 

 

見るには?

 

僕が知っている夏場に確実に見られる場所は

夜明道路オガグワの森付近の道端です。

 

そこ以外にはよく知りません。

 

その場所も草刈りされるので、

草刈り後はみな刈り取られてしまいます。

 

それでも毎年同じ場所に生えてきています。

 

 

小笠原で見られる維管束植物(種子植物・シダ)

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。