小笠原マルベリー

市ヶ谷台ツアー(2):大本営地下壕(’21/9月訪問)


 

市ヶ谷台ツアー(2):大本営地下壕(’21/9月訪問)

 

概要

 

’21/9/2午後、

市ヶ谷台ツアーに参加しました。

2時間15分ほどのツアーです。

 

これは

市ヶ谷にある防衛省・自衛隊施設内で実施されているものです。

防衛省・自衛隊:市ヶ谷地区見学(市ヶ谷台ツアー)の御案内 (mod.go.jp)

 

見学はすべて案内がつき、自由行動はほぼありません。

市ヶ谷記念館の見学は一部自由見学となります。

 

撮影は比較的自由にできますが、

庁舎A棟の玄関だけは撮影不可でした。

 

見所は市ヶ谷記念館と陸軍大本営地下壕です。

 

市ヶ谷台ツアー(1):市ヶ谷記念館他(’21/9月訪問)

 

陸軍大本営地下壕は入場料700円がかかります。

1941-42年にかけて建設されたようです。

3本の壕があり、

そのうちの1本の一部が見学できるようになっています。

大本営地下壕を公開=陸軍大臣執務室跡も 写真特集:時事ドットコム (jiji.com)

 

この地下壕は奥に階段があり、

地上部の庁舎とつながるようになっていたようです。

 

なお、見学できない部分は

タブレット端末でバーチャルで見られるようにしてくれていました。

 

幅や高さはそれなりにありますが、

それほど長さはなかったんだなという印象でした。

 

壕の長さ規模でいうと、

大本営を移そうとした松代象山地下壕はかなりのものです。

 

長野市、栗林忠道墓所・松代象山地下壕(2008年訪問、再編集版)

 

 

 

 

 

 

 

大本営地下壕

 

案内図

 

同 案内図

 

 

入口

 

 

通路

 

内部 見学エリア

 

内部  見学エリアから奥の見学不可エリア

 

内部 3本の壕を横につなげる部分 見学不可エリア

通気筒

 

通気筒地上部  灯籠でカムフラージュ

 

 

 

参考資料

 

市ヶ谷台ツアー(1):市ヶ谷記念館他(’21/9月訪問)

 

国内各地の戦跡

 

 

小笠原・父島の戦跡

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。