小笠原マルベリー

「牧野富太郎 植物の神様といわれた男」(横山充男)


 

 

概要

 

2022年1月発行、

「牧野富太郎 植物の神様といわれた男」(横山充男)。

牧野富太郎 植物の神様といわれた男 | くもん出版

横山充男 – Wikipedia

 

牧野富太郎の生涯を描きます。

 

小学年高学年からの子供向け図書。

(漢字にルビがかなり入ります)

もちろん大人が読んでも問題ありません。

 

牧野は

高知の裕福な造り酒屋に生まれます。

 

子供のころから植物にひかれ、

成長して、本格的に日本の植物誌をつくることを志します。

 

その過程では

家の財産を食いつぶし、さらには借金もかなり重ねます。

 

それでも、支援者が出たりして、

なんとか、志を遂げていきます。

 

そこには

牧野夫人の内助の功もかなりのものがありました。

牧野に愛想をつかして、

しょうがないぐらいだったと思います。

 

人生を植物の分類に捧げた、

そんな牧野の生涯です。

 

 

 

 

目次

 

第1章 新しい時代

第2章 名まえ

第3章 東京へ

第4章 決心

第5章 東京大学

第6章 結婚

第7章 貧乏とのたたかい

第8章 『大日本植物志』

第9章 スエコザサ

第10章 草花と生きて

 

 

 

 

 

牧野について

 

牧野富太郎は

「日本の植物学の父」といわれています。

日本の植物分類学を発展させた第一人者です。

牧野富太郎 – Wikipedia

 

現在、

牧野の名がつく施設が復数あります。

高知県立牧野植物園、牧野富太郎資料展示室、牧野富太郎記念館、

練馬区立牧野記念庭園、東京都立大学牧野標本館など。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。