小笠原マルベリー

世界文化遺産・兵庫県姫路市姫路城(2015年訪問・再編集)


 

概要

 

2015年5月、

兵庫県姫路市姫路城を訪問しました。

 

車で行ったので、

近くの駐車場にとめて、城内に入りました。

姫路駅からは徒歩20分ぐらいです。

 

姫路城は、

世界文化遺産の現存天守です。

世界文化遺産・国宝姫路城 | 姫路城公式サイト (himeji.lg.jp)

姫路城公式サイト:トップページ (himeji.lg.jp)

姫路城 – Wikipedia

 

現存天守としては4城目の訪問でした。

このころから12城制覇をはっきり意識しました。

 

祝・現存天守12城制覇!!

 

姫路城天守は、

現存天守12城の中でも、一番規模の大きな天守です。

また、天守は標高45ⅿほどの姫山の上に立つ平山城です。

それゆえ、

ふもとから見上げた時にかなり威圧感・規模感があります。

 

僕が訪ねた2015年は

大修理が終わったあとで真っ白な天守でした。

白鷺城(はくろ・しらさぎ)といわれる由縁ですね。

ただし、白鷺城の由来は諸説あるようです。

 

 

 

 

 

実際の様子

 

 

城内案内

 

天守遠望

 

同上

 

同上

 

天守近景

 

天守から姫路駅側(南)展望

 

天守から北側展望

 

 

大手門

 

菱の門

 

将軍坂

 

天守遠望

 

天守内部階段

 

天守内部

 

天守6階(最上階)

 

井戸

 

西の丸長局(百間廊下)外部

西の丸長局(百間廊下)内部

 

 

 

 

参考

 

日本の城 訪問記

 

「新装版 播磨灘物語 (全4巻)」(司馬遼太郎)

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。