小笠原マルベリー

「蜜蜂と遠雷」(恩田陸)


 

概要

 

2016年発行、

「蜜蜂と遠雷」(恩田陸)。

蜜蜂と遠雷 – Wikipedia

蜜蜂と遠雷 | 株式会社 幻冬舎 (gentosha.co.jp)

 

第156回直木賞受賞です。

直木賞-選評の概要-第156回|直木賞のすべて (prizesworld.com)

 

著者・恩田陸氏は

高校の同窓生(水戸一・2年後輩)です。

在校中、

きっとどこかですれ違うくらいはあったはず。

 

僕は本を読むとき表紙カバーをはずして読みます。

本書は真っ黒。これはピアノに見立てているのかしら?

 

タイトルと中身の関係も気になって読みます。

 

蜜蜂は

養蜂家の子供がコンテスタントで出てくるのでわかります。

 

遠雷の方が、

本を読んでもピンときませんでした。

雷は1度しか出てきません。

しかもさりげなくです。

 

蜜蜂と遠雷が何かの比喩なのでしょうか?

著者に真意を聞きたいですね。

 

 

 

 

 

 

本文

本書のストーリーはとてもシンプルです。

 

「ピアノコンクールの予選から本戦まで、

 4人のコンテスタントに焦点を当てた物語です。」

 

著者の「夜のピクニック」は歩行祭という学校行事ですが、

行事を始めから終わりまでというストーリーに、

共通性があります。

 

本書は500ページを超えますが、

4人のコンテスタントに引き込まれどんどん読み進めます。

 

でも本当は細かい描写もじっくり読んだ方が

読み応えがあるのだと思います。

 

コンテストの結果は

本書にとってそれほど大事なものでないのでしょう。

読んでいると、おおむね結果は見えてきます。

 

それより、

コンテスタント同士の関係性が引き込まれます。

 

音楽と自然の融合も

大きなテーマであるように思います。

自然の描写もいたるところで出てきます。

 

「音楽を外に連れ出す」、

コンテスタントの1人の師匠からの課題でもありました。

 

 

 

 

参考

 

図書 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

「夜のピクニック」と高校の思い出: マルベリーの日記&小笠原情報箱

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。