小笠原マルベリー

千尋岩(ハートロック)コース(’22/6/7)


 

概要

 

’22/6/7、

6名様で千尋岩コースでした。

 

6名様のうち4名様は

中京地方にご縁のある方でした。

また2名様は板橋在住で、

お1人は秀クリニック(大学同級生)もご存じでした。

内科 泌尿器科 | 東京都 板橋区【秀クリニック】 (hclinic.main.jp)

 

気象は、南風が強めで、

山の方だけ雲がかかるような感じでした。

 

はじめの沢筋の道では

かなり蒸し暑く、そこだけでかなり汗ばみました。

 

その後は、風もあったので、さほど暑くはなかったです。

ただし、雨期なので、

林内の道はかなりのぬかるみがあちこちでした。

 

千尋岩はガスがかかるのが心配でしたが、

それは大丈夫でした。

 

ただ、かなりの風でしたので、

陰っぽいところに避難してそこで弁当にしました。

 

この日の千尋岩ルート利用は

うちも含めて3組だけでした。

もちろんうちが一番乗りでした。

かなりすいていました。

 

 

 

 

 

実際の様子

 

 

ヒメツバキの花は各所で

 

道の上はヒメツバキの落花があちこちと

 

 

インドボダイジュ大木

 

板根が目立つシマホルトノキ

 

オガサワラシラガゴケ

 

目的地直前

 

千尋岩 強風でした

 

ランチは風の陰で

でもそこそこ風を背中で受けていました。

 

 

ニッサン軍用車の残骸

 

 

ガジュマルで記念撮影

 

 

 

 

 

ツアーについて

 

 

千尋岩(ハートロック)コース

 

父島南端部・絶景の千尋岩(ハートロック)を目指す山歩き

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。