目次

初めに

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は

90種類ほどあります。

1種類ずつ、特徴や見られる場所を紹介していきます。

 

島一周 | 小笠原マルベリー (ogasawara-mulberry.net)

 

 

(71)シマオオタニワタリ概要

 

 

シマオオタニワタリ(チャセンシダ科・広域分布種)は

常緑で大型のシダ。

葉は放射状に広がってのび、

長さは1Mにも達するほどです。

 

岩上・樹上に着生していることが多いですが、

地上部でも出ています。

 

大型の葉で特徴があるので、

他種との見分けは容易です。

小笠原では、ほかに似た種はありません。

ただし葉が小さいうちは、

ややホソバクリハランに似て見えたりもします。

ホソバクリハラン | 小笠原マルベリー 

 

父島の林内では、それほど多くはありません。

ノヤギの食害の影響が多いためです。

ノヤギのいない集落エリアでは

群生して生えているのを見ることがあります。

 

小笠原では人が食べる風習はないようですが、

新芽は食用にもなります。

僕は西表で食べました。

 

小笠原での分布は

父島列島、母島列島などです。

 

この夜明・湾岸道路ルート沿いでは、

夜明道路で、樹上着生と岩上着生がわずかにあります。

 

ちなみに

ヒメタニワタリは母島に分布し、

本種とは全く似ていません。

ヒメタニワタリ: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

ヒメタニワタリ | 自然環境・生物多様性 | 環境省 (env.go.jp)

 

 

 

 

 

 

 

和名

 

シマオオタニワタリは「島大谷渡(り)」

 

オオタニワタリ – Wikipedia

 

タニワタリは、

谷間の樹林内で樹幹や岩上に着生している様子が、

「シダが谷を渡っている」とされたことのようです。

 

南西諸島や小笠原などに分布するので、

シマオオタニワタリですね。

 

 

実際の様子

 

夜明道路沿いで、樹上に着生した個体

 

夜明道路沿いで、岩上着生した個体

 

葉は放射状に広がってのび、

長さは1mにも達するほど

 

岩上に群生している様子

 

住宅のパイプと壁の継ぎ目に生えている状態

 

 

胞子嚢群は裏面の葉脈にそって、

中肋から葉縁の中間ほどまで線形につきます

 

胞子嚢群

 

同上 拡大

 

 

 

 

見るには?

 

葉が大きく目立つシダです。

 

ノヤギの食害があり、

ルート上では、自生しているところが少なめです。

とはいえ、各所でぽつぽつと生えています。

 

リクエストがあれば、各種ツアーで紹介は可能です。

興味のある方はお伝え下さい。

 

 

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。