目次

概要

 

2011年発行

(文庫本は、「賭けられた女」を加え、2013年発行)、

「幸福な生活」(百田尚樹)

幸福な生活 百田尚樹 (shodensha.co.jp)

s-book.net Library Service

幸福な生活 – Wikipedia

 

タイトル作も含む全19編の短編集。

 

様々な男女の関係を描き、

最後の1行に必ずオチを入れる結末となっています。

 

紙面では、

最後の1行は、次のページに1行だけ書かれます。

このページをめくるときの緊張感も楽しいです。

 

19編もあると、理解力によって、

腑に落ちたり、落ちなかったりがあります。

 

また一部読んでいて、

結末が見えてくるものもあります。

それはそれで、

結末が当たる、読んだ達成感が出ます。

 

それぞれの設定は

ありそうでなさそうで・・

 

短編集なので、どこからでも読み始められます。

お気に入りのタイトルからどうぞ。

 

 

 

 

 

解説文

 

文庫本の解説は宮藤官九郎氏です。

解説も必読です。 

宮藤官九郎 – Wikipedia

 

宮藤さんは、

 適切に百田氏の作風を見抜いていいますね。

 

たしかに変幻自在の作風です。

「作風」をもたない作家と評していました。

 

 

 

 

 

参考

 

「夢を売る男」(百田尚樹)

 

百田尚樹: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

百田尚樹 – Wikipedia

 

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。