目次

概要

 

父島の山中に残るトヨタの軍用車。

 

トヨタの軍用車残骸

 

よく探すと、

エンジンや部品にトヨタのマークが入っています。

 

カタカナで、トヨタです。

トの横棒が長く、タの中の横棒も突き出ています。

 

このマークはいまだに社章でもあります。

1936年に制定されています。

 

ということはこの車は

1936年以降のものであるのは間違いないですね。

 

僕が子供のころは

このマークはふつうに見ていました。

 

最近はこのマーク見なくなっていますので、

若い人は知らない人も多いです。

NHKのニュースをよく見る方は、

経済ニュースなどで社章を目にする機会があります。

 

現在使われてるマークは

1989年に制定されたものです。

Tの字がデザインされています。

 

トヨタ企業サイト|トヨタ自動車75年史|【豆知識】登録商標の変遷 

トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (global.toyota)

 

 

 

 

 

 

 

実際の様子

 

 

1936年制定トヨタマーク

(ロゴはトヨタのサイトから借りました。)

 

 

エンジン  その1

 

エンジン  その2

 

 

ギア系の部品  

 

同上  拡大

 

 

 

 

 

見るには?

 

トヨタ車の残骸が残るのは

千尋岩コースの山中です。

 

戦跡ツアーでは訪れません。

千尋岩コースになります。

健脚向きのコースです。

 

千尋岩(ハートロック)コース

 

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。