小笠原マルベリー

新潟県長岡市内記念館・史料館など5か所(’22/11月訪問)


 

 

 

概要

 

 

’22/11月、

新潟県長岡市を訪問しました。

 

目的は

山本五十六、河合継之助関連でした。

 

市内の記念館・史料館などを5か所巡りました。

めぐったのは、

山本五十六記念館、河合継之助記念館、

長岡戦災史料館、長岡北越戊辰戦争伝承館、

長岡市郷土史料館などです。

 

内部は撮影不可のところもありましたので、

そういうところは外観だけです。

 

山本五十六記念館、河合継之助記念館、

長岡戦災史料館の3つは市街地の徒歩圏内でした。

 

山本五十六生誕の地は

記念館すぐそばにありました。

碑や復元された生家があります。

 

長岡北越戊辰戦争伝承館、長岡市郷土史料館は

市街地から離れいているので、車で行きました。

 

滞在はわずかに半日ほどでした。

 

それでも

長岡は河井継之助がイチオシという印象がありました。

どこに行っても、

河井の名前が出ない場所がないぐらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

現地の様子

 

 

市街地マップ

 

 

 

山本五十六記念館

 

山本五十六は長岡で生まれ育った人。

 

山本五十六記念館公式サイト|新潟県長岡市

山本五十六記念館 (city.nagaoka.niigata.jp)

 

記念館外観

 

 

記念館からほど近い生誕の地

 

復元生家

 

同上

 

山本五十六の像

 

 

 

 

河合継之助記念館

 

河井継之助は長岡藩の家老にまでなった人物。

戊辰戦争では長岡藩を率いて、善戦したが、

その時の負傷がもとで亡くなった。

 

河井継之助記念館 | 幕末の越後長岡の風雲児 

河井継之助記念館 (city.nagaoka.niigata.jp)

 

 

外観

 

入ってすぐのガトリング砲(レプリカ)展示

 

エントランス付近のみ撮影可(内部は不可)

ガトリング砲 – Wikipedia

 

 

 

 

 

長岡戦災史料館

 

長岡の受けた空襲は2回で、

1945/7/20、1945/8/1でした。

2回の空襲で長岡は焼け野原になりました。

 

長岡戦災資料館 (city.nagaoka.niigata.jp)

長岡戦災資料館|長岡の観光スポット|【公式】

長岡戦災資料館 – Wikipedia

 

外観

 

 

 

 

 

長岡市北越戊辰戦争伝承館

 

このあたりは戊辰戦争での激戦があったところ

 

長岡市北越戊辰戦争伝承館 (city.nagaoka.niigata.jp)

北越戊辰戦争伝承館と大黒古戦場パーク|長岡の観光スポット|

北越戊辰戦争伝承館と大黒古戦場パーク|新潟の観光スポット|

 

 

外観

 

館の2階からの展望  一面田んぼです。

 

長岡藩旗(三ツ柏)

 

展示品紹介 | 河井継之助記念館 (tsuginosuke.net)

 

四斤山砲(レプリカ)展示

 

内部2階展示

 

エンフィールド砲紹介

 

 

そばにある戊辰戦蹟(戦跡)記念碑

 

山本五十六揮毫

大黒古戦場パーク (city.nagaoka.niigata.jp)

大黒古戦場パーク(大黒戊辰戦跡記念碑) (tabi-mag.jp)

 

 

 

 

 

長岡市郷土史料館

 

城をかたどるが

モデルは会津若松鶴ヶ城といわれています

 

外観

 

城をかたどった長岡市郷土史料館(’22/11月訪問)

 

 

 

 

 

参考

 

国内各地の戦跡

 

日本の城 訪問記

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    ご住所


    お電話番号

    お問合せ内容

    個人情報の取り扱い

    個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。