小笠原マルベリー

衝立山陸軍標石「父島要塞第二地帯標」


 

 

概要

 

父島には

陸軍標石「父島要塞地帯標」がいくつか残る。

 

要塞地帯標は大正10年に設置されている。

要塞地帯法実施の件 (archives.go.jp)  (p78あたり)

 

しかし、

衝立山(ついたてやま)の設置は昭和16年である。

(上記資料のような、

 昭和16年設置の根拠となる情報はない)

 

衝立山は千尋岩ルートがある。

ピーク付近には陸軍対空監視哨が残る。

 

千尋岩(ハートロック)コース

 

この地帯標は、ルート沿いではない、

西側の別なピーク付近にある。

 

陸軍省設置で、第二地帯標である。

(ただし、

 二の上の部分が埋めたような痕跡がある)

日付は昭和16年1月10日。

戦争直前に設置されたものである。

 

この場所の要塞地帯標は

正面:父島要塞第二地帯標、

右側面:地点番号「第六号」、

左側面:日付「昭和十六年一月十日」、

後面は「陸軍省」。

 

正面上部には

S.M.(Strategic Mark Monument 戦略監視の碑)

2nd Z.( SECOND ZONE・第二地帯) 

 

これは

「 1だと、1st Z. =  FIRST ZONE・第一地帯

  2だと、2nd Z. =  SECOND ZONE・第二地帯

  3だと、3rd Z. = THIRD ZONE・第三地帯 」

 

前述の通り、

二の上が埋めた痕跡があるので、

第一地帯標だったのかもしれない。

真実はどうなのか?

今後、要調査。

 

 

 

 

 

 

現地の様子

 

 

 

衝立山のピークにある「父島要塞第二地帯標」

 

まわりはオガサワラビロウ林

 

正面上部は

S.M.(Strategic Mark Monument 戦略監視の碑)

2nd Z.( SECOND ZONE・第二地帯) 

 

 

第二の上の部分が埋められているように見える

 

実際は第一だったか?

 

右側面は 第六号

 

 

 

六は、モルタルで埋めた上から掘られている

 

もとは違う数字だったか?

 

 

左側面「昭和16年1月10日」

後面は「陸軍省」

 

 

 

 

 

見るには

 

この場所は

観光ルート(指定ルート)からそれる場所。

そのためツアーではご紹介はできない。

 

中山峠には同様の地帯標があり、

そこは自由に見学できる。

 

小港~中山峠ルート・・南・北の展望が抜群

 

ツアーでは、森歩きで行くことがある。

定番ルートではないので、

2名様以上のリクエストで、行くことが可能である。

 

往復で、中山峠までなら、1時間半ほど。

先端の岬まで行くと2時間ほど。

小港の海岸散策も含むと、さらにプラス20-30分。

通しでちょうど半日コースとなる。

 

戦跡ツアーでも行くことは可能だが、

往復で1時間以上はかかる。

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前

    ふりがな

    メールアドレス

    ご住所


    お電話番号

    お問合せ内容

    個人情報の取り扱い

    個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。