目次

小港~中山峠ルート・・南・北の展望が抜群

 

 

概略

 

中山峠は標高110Mほど。

小港から歩道を上っていきます、

ゆっくり上っても30分程度です。

 

このルートは都の歩道のため、整備されて、誰でも自由に歩けます。

坂道は階段が主体となっています。

ルート入口は小港ロータリーからです。

 

中山峠から下って、

さらにブタ海岸、高山、ジョンビーチまで、足をのばすこともできます。

 

 

ルートは樹林内の日陰がおもですが、中山峠は日陰のない岩場です。

中山峠の上にはごくわずかに日陰の傘型シェードがあります。

 

中山峠の上は南北に視界が開けています

北側は小港、コペペなど、南側はブタ海岸、南島の展望です。

 

中山峠は先端部の袋岬まで足をのばすこともできます。

ただし袋岬部分のルートは都の歩道ではなく、林野庁管理の歩道で未整備です。

 

ルートの高低差は往復とも110M程度です。

岬部分に行くとプラスで20-30Mほど増えます

 

自然については特筆すべきはほとんどありません。

でも、中山峠にはテリハニシキソウがわずかにあります。

(認識できる人は島内でもごくわずか)

テリハニシキソウには毛がない: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

 

所要時間は展望も含め、往復で1時間半ほど見ておけば十分です。

岬まで行くとプラスで30分以上は見ておきましょう

自然公園施設の紹介-父島|東京都小笠原支庁 (tokyo.lg.jp)

 

 

 

 

小港~中山峠

 

小港ロータリーから川沿いの道を100mほど歩きます

 

外来種対策と入り込み数カウンター

 

八ツ瀨橋からルート

 

坂道は階段整備が主 ルート上は日陰が主

 

同上

 

 

 

中山峠

 

ほとんど日陰のない岩場です。 岬の方も低木で日陰はなし

 

案内板

 

父島要塞地帯標

中山峠の父島要塞第二地帯標2つ: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

 

 

展望

 

北側の展望

 

南側の展望

 

 

 

 

岬からの展望

中山峠からさらに15分ほど尾根を歩くと先端の岬につきます。

 

 

眼下は饅頭岬です。

 

中山峠から袋岬へ・・南側の展望がオススメ

 

 

 

ツアーでは?

 

このルートは個人で歩けますが、ツアーでも森歩きでたまに行きます。

中山峠までなら、1時間半ほど。先端の岬まで行くと2時間ほど。

小港の海岸散策も含むと、さらにプラス20-30分。

 

 

共有:

いいね:

いいね 読み込み中…
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。