小笠原マルベリー

夜明・湾岸道路での自生植物(23)キンショクダモ


 

夜明・湾岸道路での自生植物(23)キンショクダモ

 

夜明・湾岸道路一周で見られる自生植物は90種類ほどあります。

奥村・旭橋から時計回りで、主には見られた順に紹介していきます。

 

(23)キンショクダモ(クスノキ科・広域分布種)

 

キンショクダモは雌雄異株の中高木です。

やや南方系の広域分布種で、

国内では九州や南西諸島などでも自生するようです。

 

固有種のムニンシロダモとは近縁で、

両者は中間的なものも多く、区別が難しいです。

 

キンショクダモは父島列島の各島で見られます。

(ムニンシロダモは母島でも見られます)

 

父島では中央部山地の林縁などで点在して見られます。

このルート沿いでは旭平から中央山付近で見られます。

 

 

和名

 

キンショクダモは金色櫤と書きます。

(櫤は木偏に佛です)

葉の裏が金色(キンショク)でタモ(ヤチダモ)に似ているということでしょう。

でも本種はクスノキ科です。ヤチダモはモクセイ科です。

 

 

 

 

 

前述の通り、葉の裏が黄金色です。

 

新葉は冬場早くから出始まります。

柔らかな薄黄緑の明るい色で、遠目で見ると、花のようです。

 

 

 

 

花期は11-12月頃。

小花を多くつけ、近づくとさわやかな芳香もあります。

 

雌雄異株ですので、花も雌雄で違いがあります。

花被片4、腺体4は共通です。(腺体とは蜜を分泌する器官)

 

雌花

雌花拡大

 

雌株(雌花)、めしべ1だけが目立ちます。
仮おしべ6もあります。

 

 

雄花

 

雄株(雄花)、おしべ6が目立ちます。
退化しためしべ1もあります。

 

 

 

 

 

ツアーでは

 

個体数はそれなりにありますが、あまり目立ちません。

旭平から中央山にかけてのエリアで見られますので、

森歩きで紹介できます。

 

 

 

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。