小笠原マルベリー

かなり個体数の少ないチチジマクロキ


 

概要

 

小笠原固有種のチチジマクロキ(ハイノキ科・固有種)です。

クロキという通り、幹や枝はかなり黒っぽいです。

葉柄は黒というよりは紫に近い色です。

 

父島と兄島に分布しますが、個体数は少ないです。

低木性樹木で、父島では乾性低木林内で見られます。

ツアーで歩くルート沿いにも数本は生えています。

 

5年ほど前までは、毎年花を見ていたのですが、

それから以降、すっつかり花をつけなくなっています。

理由は分かりません。

とは言いつつも、花を期待して、花期が近づくと様子は見ています。

 

2020年12月下旬時点、

幸い、このシーズンはつぼみが少しあり、いずれ花が見られそうです。

 

自生種の和名でチチジマがつく種はかなり少ないです。

チチジマクロキとチチジマイチゴぐらいのものです。

 

 

小笠原で見られる維管束植物(種子植物・シダ)

 

 

 

 

 

和名

 

チチジマクロキは「父島黒木」と書きます。

 

父島に分布する(兄島にありますが)、

クロキですね。

クロキ(黒木)は樹皮の色からのようです。

 

クロキ – Wikipedia

チチジマクロキ – Wikipedia

 

 

 

 

 

 

 

花期は12月頃です。

花は近縁種のウチダシクロキともよく似ています。

ただ花の付き方がウチダシクロキほどは密集してはつきません。

11月頃が花期のウチダシクロキ

 

 

花は乳白色、5深裂(5弁ではありません)。

おしべは多数、5束生(五体雄蕊)。めしべは1(柱頭は3裂)。

 

 

 

果実

 

 

ここ数年は花さえ見ていないので、その後の果実も見ていません。

果実は黒く熟し、茄子のような色合いで、長さ2㎝ほどの長楕円形です。

 

果肉をはずして、種を出すと、中の種は茶色で先がとがっています。

菓子の柿の種を色を濃くした感じです。

 

葉柄は紫黒色です。

 

 

 

 

 

 

これは新葉です。

はじめはこんな渋い色から、徐々に緑になっていきます。

 

 

 

 

 

ハイノキ科種分化

 

小笠原ではハイノキ科自生種は3種で、

チチジマクロキ、ウチダシクロキ、ムニンクロキです。

チチジマとウチダシは主に父島での分布。ムニンは母島列島向島に分布します。

これら3種は

内地のクロキとの共通祖先種がたどり着いたのち、

固有種に進化し、分化していったもののようです。

 

科名のハイノキとは、「焼くといい灰ができる」ところからのようです。

 

11月頃が花期のウチダシクロキ

 

 

 

 

ツアーでは

 

森歩きのツアーで歩くルート沿いで数本見られます。

つぼみもそこで確認しました。

 

東平&初寝山(森歩き)

 

森歩き

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。