マルベリー

夕方、店のテラスも至福の時間


 

夕方、店のテラスも至福の時間

 

ハッピーアワーぐらいの時間帯のひとときです。

人は黄昏れるともいいますが・・

 

青灯台に近い店のテラスでつまむ一品と紹興酒。

 

家路に急ぐ、通る人を眺めたり、

徐々に日が暮れていく感じを楽しんだりします。

 

店の前を歩く人のほとんどはテラス席など気にもとめていません。

見ていると、目が合うのは10人に1人いるかどうかぐらいです。

 

ここではくれぐれも飲み過ぎないようにします。

 

店に入ると、紹興酒1本オーダー。

長居はしないし、

飲み残しは、中華の店なので、キープではなくて、持ち帰りです。

 

紹興酒は、普通にある程度カラメル感があるのが好きですね。

内地の中華で、

少し高めのカラメル感の少ないのを飲みましたが、あまり合いませんでした。

 

つまみは

レバニラ炒め(単品)、餃子、ピータン豆腐などが定番。

 

この日はレバニラ炒め。

 

家で食べるレバーは卵の黄身のようなパサパサ感がありますが、

店のは柔らかい普通の肉のような食感です。

 

店の名は「かがや亭」。店主の名字です。

 

僕は、月1-2回、このロケーションで店を訪ねます。

その時間帯、店の前通る人、チェックしていますよ。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。