マルベリー

「小笠原研究年報43」「小笠原研究No.46」


 

「小笠原研究年報43」「小笠原研究No.46」

 

東京都立大学小笠原研究委員会発行、

「小笠原研究年報43」「小笠原研究No.46」です。

http://www.comp.tmu.ac.jp/ogasawara/index.html

 

毎年、2冊ずつ、送っていただいています。

 

研究報告なので、読むのに時間がかかっています。

 

さすがに、海辺で気楽に寝転がって読む小説とは違って、

真面目な雰囲気で、机の前で読みます。

 

 

「小笠原研究年報43」の目次は、

・・・・・・・・・・・

‘Bonin Islands’の誕生-この名称はいつ、どのようにして生まれたのか―

(岩本陽児)pp.1-49

「小笠原盆踊り」の成立と発展

(小西潤子)pp.51-70

小笠原諸島への養蜂の移入

(貝瀬収一)pp.71-90

小笠原諸島父島で採集された淡水性多毛類貧毛類(環形動物門)の記録

(鳥居高明・佐竹 潔)pp.91-101

小笠原の植物の進化を垣間見る〜性表現の多様性をめぐって〜

(菅原 敬)pp.103-111

小笠原二見港の港湾区域におけるねずみ族と蚊族のベクターサーベイランスについて(2015-2019年)

(竹内真人・一戸敬子・長谷山 路夫・横塚由美)pp.113-119

2019年西之島総合学術調査の成果

(川上和人・森 英章)pp.121-135

父島の夜空の明るさ(2013年調査)

(越智信彰)pp.137-143

・・・・・・・・・・・・・・

http://www.comp.tmu.ac.jp/ogasawara/annual_report.html

 

この中で、僕が興味を持って読んだのは、

‘Bonin Islands’の名称、「小笠原盆踊り」、小笠原諸島への養蜂、

小笠原の植物の進化〜性表現〜、父島の夜空の明るさ などです。

 

人文系、自然系、それぞれネタはつきませんね。

 

「小笠原研究No.46」

こちらは「特集 西之島2019」という目次の通りで、全部が西之島です。

 

こちら、まだ読んでいません。

http://www.comp.tmu.ac.jp/ogasawara/pdf/No46/%E5%B0%8F%E7%AC%A0%E5%8E%9F%E7%A0%94%E7%A9%B6No.46%E8%A1%A8%E7%B4%99.pdf

 

この調査のあと、また西之島は噴火を続けているので、

自然環境も大きく変わった可能性が高いですね。

 

いずれにせよ、噴火がおさまるまでは、再度の上陸調査はできませんね。

 

噴火を繰り返すたびに、自然環境もリセットされていく、新しい島です。

できたてほやほやの新しい島というのは、研究対象としてはそうないですからね。

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。