マルベリー

おがさわら丸、竹芝出港直後


 

おがさわら丸、竹芝出港後すぐ

 

竹芝発

 

おがさわら丸は竹芝桟橋から出港します。

小笠原海運 (ogasawarakaiun.co.jp)

 

出港は後ろ向きで出ていきます。

その後、広い場所で向きを変えて、前方に向かいます。

 

東京湾は12ノットの制限があるので、見た目もかなりゆっくり走ります。

そのため風景もゆっくり見ることができます。

 

出港直後はデッキに出ている人も多く、天気のいい日はなおさらです。

 

 

 

 

 

レインボーブリッジ

 

向きを変えて、前方に進み出すと、まずはレインボーブリッジです。

橋に近づくと、デッキに出ている人は、見上げて写真を撮っています。

 

 

 

 

埠頭

 

右舷側の陸側には埠頭が並びます。

おがさわら丸も芝浦埠頭で荷役を行い、竹芝で乗船客を乗せます。

 

 

 

羽田沖

 

さらに進むと羽田沖です。

飛行機がどんどん離発着します。

こういう光景を見ているのも楽しいものです。

 

後ろを見ると、

都心のビル群が遠く小さくえるようになります。

 

 

 

船はこうやって、どんどん進み、次は横浜沖、横須賀沖と進んで行きます。

東京湾を抜けるころから、速度を上げ、伊豆諸島沿いに南下します。

 

翌朝には、海しか見えない景色が広がっています。

 

9時頃になると、聟島列島が見えてきます。

ぼちぼちスマホの電波も入り出します。

そして、11時に父島に着岸します。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    前の記事へ

    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。