マルベリー

小笠原における航空の基礎知識について要旨(2007年講演・再編集版)


 

小笠原における航空の基礎知識について要旨(2007年講演・再編集版)

 

 

 

<概略>

 

トップの写真は兄島が候補地になっていた頃のものです。

 

2007-11-10、

村主催航空路説明会において、NPO航空フォーラムからの説明要旨。

 

かなり古い情報ですが、

現時点(2020年)においても、まだ確定情報はなにもありません。

 

ただし飛行機のタイプは絞られているようです。

また、飛行場候補地としては、洲崎で検討しているようです。

 

 

 

 

<講演内容>

 

・父島の位置と航空の関係

 東京から・・約1000KM   八丈から・・約700KM
 硫黄島から・・約300KM


・洋上飛行の条件

  2基以上のエンジン

  2基の場合・・1基で60分以内に着陸できること

         <洋上60分ルール>

   ↓

  条件:巡航速度500KM/H以上必要

 

・代替飛行場・・・目的地に着けないとき、

            運用を考慮すると本土まで戻ることになる

   ↓

  条件:航続距離2000KM以上

 


 ・民間と軍用 

  民間・・航空法規クリアの必要性

  ↓

  自衛隊機の運用は定期航空路線に適応できない

 

・可能な飛行機

 エンジン2基以上

 2000KM以上の航続

 500KM/H以上の巡航

 与圧装置:就航率確保・安全のため

 

・候補地

 大規模山林造成は ×

 ライフライン・インフラ未整備は×

  ↓

 大規模開発は難しい

  ↓

 <方法>

  硫黄島・聟島案

  水上飛行機案

  父・母空港

 

・聟島:×

 大規模開発となる 船・ヘリ接続は非現実的

 

・硫黄島×

 船・ヘリ接続は非現実的

    300KM洋上は不可 定期航路・港がない

*聟島・硫黄島案とも→ 父・母にも飛行場必要


・水上飛行機案・・・ コスト・就航率×

 航空法上→二見港は×・・周りの山が邪魔

 港外に専用水上飛行場必要

 上陸施設・エプロン施設必要

 ↓

 高い就航率無理(60%くらいか)

 塩害対策で整備費高い

 機体寿命短い・・10年くらい(通常1/3)

 

・父・母飛行場

 地形の改変最小限な場所

   ↓

 滑走路長限定しない

 機材限定しない

 地形改変最小限

   ↓

 洲崎案 ○

   ↓

   地形改変最小限

   平坦部確保可能

   離着陸の空域確保可能

   1200M以上可能(一部海)

                               以上

 

 

 

 

講演会資料集

 

講演会などの資料集

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。