小笠原マルベリー

新年のご挨拶(2021/1/1)


 

 

新年のご挨拶(2021/1/1)

 

新年明けまして、おめでとうございます。

皆様にとって、よい年になることを願っています。

 

昨年は3月頃から、新型コロナに明け暮れた年でした。

昨日、大晦日も東京都は1300人以上の感染者が出ました。

この勢いはしばらく続くものと思います。

 

コロナが収束しないことには、2021年の明るい未来が見えてきません。

まずはコロナの勢いを止める。ここに集中するしかありません。

 

感染防止と経済と、といっても、きれいごとではすみません。

どうしても、それなりの犠牲は伴います。

 

昨年の経験からすると、緊急事態宣言の時のように、

経済を犠牲にすると、感染防止もかなりできます。

 

経済を犠牲にしないと、今の現状です。

やはり両立は困難と言わざるを得ません。

 

今後、国や自治体がどういう判断をするか。

市井の僕らには分かりませんが・・。

 

僕らが従事する観光業は、ごく一部を除き、

コロナ禍では低空飛行でがまんするしかありません。

他力本願ですが、まずは収束を願うしかありません。

 

低空飛行でも、最低限でも、楽しく生きていけるよう、

気持ちだけは明るくいきたいものです。

 

そんな中でも、

何か少しでも新たなチャレンジも試みていこうと思います。

 

まだ、あまり期待の持てない年始めですが、

少しでも前向きでいきましょう!!

 

小笠原、マルベリー、我が家族をごひいきにお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。