小笠原マルベリー

「右手に「論語」左手に「韓非子」 」(守谷洋)


 

「右手に「論語」左手に「韓非子」 」(守谷洋)

 

 

概要

 

2008年1月発行、

「右手に「論語」左手に「韓非子」 」(守谷洋)、

サブタイトルは「現代をバランスよく生き抜くための方法」。 

右手に「論語」左手に「韓非子」 角川SSC新書:

 

2021年1月、首都圏他に緊急事態宣言が出ましたが、

日中の人の行動はあまり変わらないというデータも出ています。

 

意識はしていなかったのですが、

タイムリーな本を読んだなという実感です。

何がタイムリーかというと、

性善説と性悪説が解説されているからです。

 

性善説に基づくのが「論語」で、性悪説に基づく「韓非子」です。

 

緊急事態宣言後の行動でいうと、

自粛は性善説、インセンティブや罰則は性悪説によるものと考えます。

 

国の施策としては、

今後、性善説だけでは上手くいかなければ、性悪説も取り入れていくしかないですね。

為政者はどう考えているでしょうか?

 

 

内容

 

本書では

論語、韓非子それぞれ40ずつを2ページで紹介・解説しています。

 

サブタイトルで

「現代をバランスよく生き抜くための方法」とあります。

あとがきでは、論語8:韓非子2ぐらいがちょうどいいということです。

 

性善説、性悪説のとらえ方は国によって違うようで、

日本だからこそ性善説が強めに8:2でいいのです。

 

性善説のよさを確認しながら、欠けた部分を性悪説で補うのがいいと

筆者は言います。

 

僕も日本人なので、読んでいて、論語はわりと腑に落ちます。

しかし、人をあまり信用しない、性悪説の韓非子はあまり納得しません。

とは言いつつも、

韓非子も参考にせざるを得ない世の中になっているかもしれません。

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。