小笠原マルベリー

シマツレサギの花・・わずかに芳香あり


 

シマツレサギの花・・わずかに芳香あり

 

概要

 

’21年3月初旬、

シマツレサギ(シマツレサギソウ・ラン科・固有種)が開花しました。

花は総状花序に多数つけ、下の方から順次咲き始めます。

 

3月初旬では

まだ花序の下の方がわずかに咲き出した程度です。

盛りの時期はまだしばらくあとになりそうです。

 

この花はわずかですが、芳香があります。

花に顔を近づければわかる思います。

 

本種は多年草で、

草丈は20-30cm程度のものをよく見ます。

 

果期が終わると、地上部は枯れてしまいます。

地下には肥大した根塊があるようです。

そして、冬場になると、また地上部に出てきます。

 

小笠原では父島・母島列島に分布します。

父島での分布や個体数はそれほど多くないように感じています。

 

シマツレサギは「島連鷺」と書きます。

サギソウ(鷺草)に似ていて、

1つの花序に多数の花をつけるから連(ツレ)です。

そして小笠原に自生するので島(シマ)がつきます。

 

 

 

 

花茎がのびて、総状花序をつけます。

 

花被片は6で、唇弁1・花弁2あわせて3、萼片3です。

 

唇弁・花弁はやや黄味があり、萼片は白いです。

 

花被片6(唇弁1・花弁2あわせて3、萼片3)は、

下向きの中央が唇弁1、斜め下向きの両側が側萼片2、

上向きの外側(白)が背萼片1,内側(黄色)が側花弁2です。

側花弁のさらに内側に蕊柱2があります。

 

 

 

距(きょ)

 

花の後ろ側を見ると、白く長い距(きょ))がついています。

蜜をためる場所のようです。

 

萼や花冠の基部から飛び出した部分が距(きょ)です。

距は後ろ側に2㎝以上あって、かなり長く感じます。

花の後ろ側を見ると、目立っているのがわかります。

 

 

食害

 

地上部がのびてきてしばらくすると、なにかにかじられている事があります。

おおむねクマネズミの食害かと思います。

 

ネズミに茎がかじられたシマツレサギ

 

 

 

見るには?

 

父島ではルート沿いで見られるところは限られています。

確実なのは東平で森歩きで紹介しています。

 

東平&初寝山(森歩き)

 

森歩き

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。