小笠原マルベリー

赤いブラシのようなブラシノキの花


 

赤いブラシのようなブラシノキの花

 

概要

 

’21-3月下旬、

ブラシノキ(カリステモン・フトモモ科・外来種)の花が咲いていました。

まさに赤いブラシのようです。

この個体は例年この時期が花期です。

しかし、他の場所にある個体は夏場に花をつけたりもしています。

 

ブラシノキは清瀬信号付近に大きく育った個体があります。

花の数も多く、花は遠くからでも目立ちます。

 

ブラシノキは見た目の通り花がブラシのようなところからの和名です。

属名からカリステモンともいわれています。

他にはハナマキ(花槙)、キンポウジュ(金宝樹)などとも。

 

 

 

 

 

穂状花序に、まとまって花を付けるので、ブラシのようです。

 

おしべの赤が目立ち、まさに赤いブラシです。

 

 

近くで見ると、おしべの付け根の花弁も見えます。

 

 

花弁は薄黄緑、4-5弁。おしべ多数、めしべ1です。

花弁や蕚片はすぐ落ちてしまうようです。

 

 

 

葉や樹形

 

葉は細長く、互生です。

 

樹高(5m以上)は高くなっています。

 

 

 

見るには?

 

わかりやすいところでいうと、

清瀬信号付近と亜熱帯農業センター展示園です。

 

清瀬信号付近の個体は目立つので、すぐ分かります。

農業センター展示園は坂道の上の方なので、わかりにくいですね。

花期も遅れて夏頃です。

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。