小笠原マルベリー

「明日の子供たち」(有川浩)


 

明日の子供たち(有川浩)

 

概要

 

2014年発行、「明日の子供たち」(有川浩)。

明日の子供たち | 株式会社 幻冬舎 (gentosha.co.jp)

 

「明日もこどもたち」は児童養護施設が舞台です。

 

このテーマは

ひょっとして、読書からの依頼で書き始めたのかなと、

本書の最後を読んで感じました。

僕はその部分が実話のように感じたからです。

 

 

 

内容

 

児童養護施設が舞台なので、少し重いのかなと思って読み始めました。

 

確かに、児童の過去を考えると重いのですが、

彼らからすると、養護施設はいいところだということもあります。

そういう所もきちんと描かれていました。

 

物語は、児童と職員の日常の中で、

彼らの過去も交えながら、起きるトラブルを乗り越えていくのが描かれます。

 

主人公は強いていえば、施設の新人男性職員・三田村慎平さんですが、

各セクションで他の職員・児童にも焦点が当てられます。

 

児童である高校生の谷村奏子(かなこ)、平田久志のできごとから

話題が進んでいきます。

後半はさらに別の施設のこともからんできます。

 

恋愛というほどではないですが、そういう雰囲気もにおわせています。

 

最後はハッピーな終わり方でほっとしました。

 

 

 

 

有川作品

 

僕は有川作品は好きでいくつか読んでいます。

「県庁おもてなし課」「図書館戦争」「植物図鑑」「クジラの彼」など。

軽いタッチで、男女の恋もからみながら物語で、読みやすいです。

 

有川浩: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

「クジラの彼」(有川浩)

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。