マルベリー

「クジラの彼」(有川浩)


 

「クジラの彼」(有川浩)

 

2007年発行、

「クジラの彼」(有川浩、現在は、有川ひろ)。

https://www.kadokawa.co.jp/product/200604000207/

 

タイトルにひかれて読んだ本。

鯨類のクジラとは関係はなく、ここでいうクジラとは潜水艦のこと。

 

自衛隊を舞台にした6つの短編恋愛小説です。

これも知らずに読み始めました。

 

本文の最後に著者によるあとがきがあり、それぞれの短編の意図がよく分かります。

 

主人公の男女は

自衛隊員同士もあれば、自衛隊員と関連企業社員や一般企業社員というのもあります。

 

組み合わせだけ紹介すると、女と男の順で、

「クジラの彼」商社と海上自衛隊潜水艦勤務、

「ロールアウト」航空設計士と航空自衛隊輸送機乗務員、

「国防レンアイ」陸上自衛官同士、

「有能な彼女」防衛省技官と海上自衛隊潜水艦勤務、

「脱柵エレジー」陸上自衛官同士、

「ファターパイロットの君」航空自衛隊パイロットと関連企業技術者です。

 

社内(隊内)恋愛の組み合わせもあります。

実際にそれなりにあるんでしょうね?

 

小説ですから、波乱はありますが、

いずれもハッピーエンドで安心して読めますよ。

ハッピーエンドは読後感が気持ちいいので好きです。

 

僕がこれまで読んだ有川氏の作品は

「図書館戦争」「県庁おもてなし課」「植物図鑑」などで、

いずれも映画化もされています。

確か、みなハッピーエンドだったような・・・

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E6%9C%89%E5%B7%9D%E6%B5%A9

 

 

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。