マルベリー

「魚雷艇学生」(島尾敏雄)


 

「魚雷艇学生」(島尾敏雄)

 

1985年発行、「魚雷艇学生」(島尾敏雄)。

https://www.shinchosha.co.jp/ebook/E610071/

 

著者はこの本が発行された翌年に亡くなりました。

享年69歳。

本書が生前出版された最後の小説でした。

 

本書は連作短篇で7章から構成されています。

連作のうちの「湾内の入り江で」が川端康成賞、

全体の「魚雷艇学生」が野間文芸賞を受賞しました。

 

小説の体裁を取っていますが、

主人公Sとは、島尾氏当人で、体験記録といってもいいぐらいです。

 

1章「誘導振」で、海軍に入って訓練を始めるところから、

7章「基地へ」で、第18震洋隊長として加計呂麻島に着くところまでが

描かれてています。

 

実戦に配属されるまでなので、入隊から訓練や生活の様子がメインです。

主人公Sの、冷めたような、屈曲したような感情が随所に出てきます。

 

文章そのものは読みやすいのですが、

改行が少ないので、切れ目のない文章で、そういう面での読みにくさがあります。

3-4ページも改行がない部分もありますから。

 

 

本書にはない部分ですが、

結局、この部隊は特攻としての出陣はなく終戦を迎えました。

 

実際に彼がいた吞之浦には、

レプリカをおさめた格納庫(壕)が残っており、島尾敏雄文学碑もあります。

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/search?keyword=%E5%B3%B6%E5%B0%BE

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。