マルベリー

公益財団法人日本交通公社<機関誌 観光文化246号>


 

公益財団法人日本交通公社

<機関誌 観光文化246号>

 

公益財団法人日本交通公社「機関誌 観光文化246号」が発行されました。

有料の機関誌ですが、本文はPDFでも見られます。

 

https://www.jtb.or.jp/publication-symposium/book/tourism-culture/tourism-culture-246/

https://www.jtb.or.jp/wp-content/uploads/2020/08/bunka246.pdf

 

246号は

「特集 現場で語る、持続可能な観光の本質~コロナ禍での現状と課題~」。

 

その特集5では

「知床・小笠原・屋久島で考えた観光のゆくえ」

(松本 毅、吉井 信秋、松田 光輝、松崎 哲哉、寺崎 竜雄)です。

 

僕も含めて5人の座談会です。

屋久島ガイド・松本市、知床ガイド・松田氏、小笠原専門旅行社・松崎氏、

小笠原ガイドの僕、進行・JTBF寺崎氏です。

 

コロナ対応のことや、これからについて、率直に意見を述べました。

DMOについての話題がありましたが、

これは勉強不足で、あまり的確な意見を言えてなかったなと反省しています。

 

アフターコロナ、

以前と同じようにやれるのか、新たなやり方が必要なのか、

まだ判断がつきかねます。

今はまだウィズコロナの状態で、だましだましというのが正直本音ですね。

 

皆さん、是非ご一読下さい。

 

なおこの観光文化はほかの号でも、関わったのがあります。

224号:

https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/412483246.html

214号(小笠原特集・これには僕はからんでいません):

https://www.jtb.or.jp/publication-symposium/book/tourism-culture/tourism-culture-214ogasawara/

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

は必須項目です。必ずご記入ください。

お名前
ふりがな
メールアドレス
ご住所
お電話番号
お問合せ内容
個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

この記事を書いた人

吉井 信秋

大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

SHARE
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。