小笠原マルベリー

弟島に残る2つの墓(2021年再確認)


 

弟島に残る2つの墓(2021年再確認)

 

概要

 

’21/4/14、行事の下見で弟島を歩きました。

 

縦走路沿いには墓が2つ残っています。

 

1つは平成17年に建立された新しいもの。

もう1つは、戦前から建立されていたと思われるもので、

崩れてバラバラになっていました。

 

この墓は2001年時点ですでにこの状態です。

弟島写真集 (ogasawara-mulberry.com)

 

 

今回、周辺をきれいにしてきました。

壊れた墓も組み合わせてみました。

 

弟島に

さらに他にも墓があるかどうかは分かりません。

 

 

 

 

平良家墓

 

この墓は、

島民が依頼を受けてこの地に建立したそうです。

当時の様子や平良家のことは不明です。

平良家は戦前の弟島住民であったのでしょう。

 

表面  平良家 

 

裏面

平成17年4月4日 平良シズ建立  

 

 

 

 

壊れた墓

 

詳細は不明ですが、

建立は少なくとも、戦前であろうと推定します。

バラバラになっていました。

組み合わせると、「法蓮華経」の文字がならんでいました。

本来はさらに上に「妙」もあるだろうと思います。

五輪塔なので、日蓮宗のお墓でしょう。

建立されてる人の名前は入っていません。

 

 

組み合わせた状態  法蓮華経と読めます

さらに上に妙もあるはずですが、見つかりませんでした

 

バラバラになっていた状態

このあと掃除して墓も組み合わせました

 

 

 

見るには?

 

残念ながら、弟島は観光での上陸は認められていません。

現在は調査・研究・作業に限ります。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。