小笠原マルベリー

弟島・天海山の三等三角点(229m)


 

弟島・天海山の三等三角点(229m)

 

概要

 

’21/4/14、

とある行事の下見で、弟島・天海山に上りました。

 

この山頂に行くのは2回目です。

初回は10数年以上前に、この場所の植生回復事業の植栽で来ています。

そして、今回が2回目です。

 

ここには三等三角点がありますが、

前回は認識していいなくて、今回しっかり確認してきました。

 

全国三角点・基準点MAP(東京都小笠原村) – Google マイマップ

 

小笠原の山にある三角点訪問地

 

天海山という名称ですが、

「明治期の弟島開拓者天海惣吉[あまがいそうきち](栃木県佐野市出身)の名によるが、

「あまがいやま」と呼ばず、「てんかいさん」と呼んでいる。」

ということです。

 

なぜ、彼の名前がついたかまでは言及がありません。

弟島のこの近くに住んでいたのでしょうか?

兄島・弟島の山々 (coocan.jp)

 

天海惣吉はアオウミガメ関連の資料で名前が出てきます。

334501113.pdf (core.ac.uk)

 

 

 

 

 

現場の様子

かつての旧道沿いからゆるい尾根道をしばらく上ると到着します。

 

三角点  229m

 

三角点拡大 どちらも地面埋まっておらず、置いてあるだけ。

 

北側展望

 

南側展望

 

西側の崖下展望

 

 

 

<展望動画>

 

 

 

 

行くには?

 

弟島は規制がかかり、観光では行くことができません。

調査・研究・作業などでの上陸に限ります。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。