マルベリー

オガサワラトカゲと三等三角点・・中央山


 

オガサワラトカゲと三等三角点・・中央山

 

概要

 

本日午後、景観ツアーで中央山へ行きました。

 

自然景観(島内観光)ツアー

 

山頂付近は定番でオガサワラトカゲが見られる場所です。

 

中央山園地ルート・・父島最高峰と地球の丸さを体験

 

オガサワラトカゲは

小笠原群島で、唯一在来の爬虫類で、固有種です。

 

 

戦後、侵入した爬虫類・グリーンアノールとの競合のせいか、

かなり個体数を減らしています。生息場所も限られています。

 

おもに地上性のトカゲなので、見られるところは岩場や舗装路が多いです。

 

 

 

オガサワラトカゲと三角点

 

山頂には三等三角点があるのですが、この日はその上にいました。

 

 

神経質なトカゲですが、この日はかなり近づけました。

 

 

さらに近づくと、さすがに逃げられてしまいました。

 

 

 

 

 

他のは虫類

 

他の爬虫類はすべて外来種となります。

 

一番普通に見られるのはグリーンアノールです。

ヤモリも2種いて、ホオグロヤモリ、オガサワラヤモリです。

 

なお、

南鳥島には在来種でミナミトリシマヤモリがいるようです。

 

かなり例外的な存在ですが、カメもは虫類なので、

アオウミガメが夏場だけ雌が産卵のため上陸してきます。

 

 

 

 

ツアーでは

 

父島では、意識しないで歩くと見るのはグリーンアノールばかりです。

 

オガサワラトカゲが確率高く見られ場所は限られています。

数カ所はそういう場所を知っていますので、見たい方はリクエストをお願いします。

 

森歩きのツアーでは、比較的見られています。

山歩きや戦跡では運がよければという感じです。

 

森歩き

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。