小笠原マルベリー

小ぶりな黄花のケキツネノボタン


 

こぶりな黄花のケキツネノボタン

 

概要

 

’21年4月下旬、

北袋沢の道端でケキツネノボタン(キンポウゲ科・外来種)が咲いていました。

草丈20-30cm程度で、こぶりな黄色の5弁花です。

 

本種は道沿いなどで野生化していますが、

それほどあちこちに多数というほどでもありません。

 

似た仲間で、キツネノボタンとケキツネノボタンがあります。

ケキツネノボタンは茎などに毛があるのが、わかりやすい違いのようです。

小笠原にはキツネノボタンはありません。

 

小笠原で見られるキンポウゲ科植物は、

本種(外来種)とムニンセンニンソウ(固有種)の2種のみです。

 

 
 
 
 

 

和名

 

ケキツネノボタンは、

毛のあるキツネノボタンで、「毛狐の牡丹」です。

 

茎にケ(毛)があり、葉がボタン(牡丹)にやや似ているようです。

 

キツネが毒や嫌のものという意味で、

本種が毒草であることからキツネ(狐)とついたようです。

 

 

 

実際の様子

 

草丈は20-30cm程度までが主です

 

 

花はこぶりで、黄色の5弁、おしべ多数、めしべも多数。

 

花の拡大。おしべ多数、めしべも多数なのがわかります。

 

葉は3出複葉、切れ込みの深い小葉は2-3裂。

小葉には鋸歯があります。

 

ケキツネノボタンのケ(毛)の所以は茎などに毛があること

はっきりと分かります。

 

 

 

 

見るには?

 

島内の道端など数カ所で野生化しています。

ツアーなどで紹介することはめったにありません。

 

全ツアーメニュー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。