小笠原マルベリー

当たり前ですが、水中カメラは沢でも使える


 

当たり前ですが、水中カメラは沢でも使える

 

概要

 

今まで無意識のうちに大きな勘違いをしていました。

水中カメラというと、海で使うものとばかり思っていました。

 

でも、考えてみれば、当たり前のことなのですが、

川やプールでも使えるんですよね。

 

ということで、

急に思い出したかのように沢に入れてみました。

 

小笠原の淡水環境で見られる生物は

エビ類(ヤマトヌマエビなど)、カニ類(オガサワラクロベンケイガニなど)、

魚類(オガサワラヨシノボリ、オオウナギなど)、

貝類(オガサワラカワニナなど)などです。

 

 

 

愛用カメラ(2021年時点)

 

現在、僕の愛用カメラは「ニコンCOOLPIX W300」

COOLPIX W300 – 概要 | コンパクトデジタルカメラ | ニコンイメージング (nikon-image.com)

 

以前はオリンパスのカメラも使っていた時期もあります。

 

こういうカメラは、あまり水中で使わなくても、

雨降りにも気をつかわなくてすむ利点があります。

湿度の高い夏の時期でも、安心して使えます。

 

また、撮影距離も1cmまで寄れるので、

花の細かい写真などもわりと撮りやすいです。

助かっています。

 

 

 

 

 

沢の生き物

 

オガサワラカワニナ 

淡水環境の固有種貝類

 

どこでもいそうで、

父島の沢だと見つけやすいところと、そうないところがあります。

 

オガサワラヨシノボリ 

淡水環境の固有魚類

 

個体数はそれほど多くありません。

沢の下の方にいることが多く、探しにくいです。

 

ヤマトヌマエビ 

個体数はかなり多いです。

 

少し広めの水面がある沢ならばたいていいます。

 

 

 

 

 

沢の生き物見るには?

 

沢の生き物を見られるルートは

ほとんど指定ルートなので、ガイド同行が必要となります。

(つまりツアー参加で)

 

ツアーでは森歩きと千尋岩で、紹介しています。

 

森歩き

 

千尋岩(ハートロック)ルート

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。