小笠原マルベリー

周辺に芳香が漂うクロツグ雄花


 

周辺に芳香が漂うクロツグ雄花

 

概要

 

4月初旬、

道路沿いで芳香ガ漂っていて雄花の開花に気づきました。

低木性のヤシ科植物のクロツグ(ヤシ科・外来種)です。

 

雄花が開花すると、

周辺にかなり芳香が漂うので、すぐ分かります。

 

クロツグは雌雄同株なのですが、花序により、雄花と雌花に分かれています。

雄花だけ強い芳香を発します。

 

クロツグの花は雌雄で花序が別

 

父島では集落エリアで、あちこちに植栽株があります。

 

さらに山中でも、各所に野生化した個体が見られます。

野生化している場所が私有地や軍事施設がらみなので、

これは戦前に植栽されたものと考えられます。

 

 

 

和名

 

クロツグは「桄榔あるいは桄榔子」と書くようです。

なぜ「黒桄」にならないの不思議です。

 

クロは幹を覆う繊維が黒いことで、

ツグがシュロの意味で、広くヤシ科植物をさすような意味でしょう。

 

 

 

 

クロツグの様子

 

ほとんど幹(茎)らしいものはなく、

株立ちのように地上部から葉柄がのびているように見えます。

樹高は3-4m程度。

花期が近づくと、雄花序・雌花序、それぞれのびてきます。

 

雄花序  多数の雄花、開花前は楕円近いカプセルのような形。

 

雄花は楕円のオレンジ色の花弁3。

おしべが多数。

 

雌花序  多数の雌花、直径1cm以下くらいの球形です。

橙色で3つに裂けているのが花冠(花弁)の部分で

その内側は果実になる部分ですね。

果実は雌花序だけにつきます。

果実は黄色からのち熟れてきて赤くなります。

直径2cmほどの球形で、おいしそうですが、食用にはなりません。

かじると、ぴりぴりする成分があります。

 

 

 

 

見るには?

 

集落エリアではあちこちに生えています。

また山中にもところどころ野生化しています。

 

芳香が漂う花期には各種ツアーで紹介したりします。

それ以外の時期はあまり紹介していません。

 

全ツアーメニュー

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。