小笠原マルベリー

かつては島だった二見湾南側の野羊山


 

かつては島だった二見湾南側の野羊山

 

概要

 

野羊山(やぎゅうざん・やぎやま)は

山頂に三角点があり、標高は150mです。

 

野羊山はふもとの洲崎から飯盛山の脇を抜けて

踏み跡の道をたどれば、30-40分ほどで上れます。

 

現在このルートは観光で行くことはできません。

観光利用は閉鎖となっています。

ただし、航空障害灯やノネコ捕獲カゴなどあるので、

作業・保守のかたが定期的に歩いています。

 

戦時中は中腹から山頂にかけて軍事施設がありました。

当時はしっかりとした道もあったようで、

ところどころそれと分かる道が残っています。

 

野羊山はかつては島でした。

昭和10年代前半、

海軍飛行場建設で、洲崎の浅瀬が埋め立てられ、陸続きとなりました。

 

 

 

 

実際のルート

 

ふもとの洲崎・南側

 

父島海軍航空隊の名残

 

飯盛山の脇を通ります。

そこまでは大型車が通った道があります。飯盛山はかつて採石場でした。。

平らな飯盛山(めしもりやま)・・今昔: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

やせ尾根からの上り 

ノヤギが小さく上に見えています。

 

やせ尾根の南側海岸

 

軍道の名残

 

同 軍道名残

 

電信柱(電話)の名残

 

中腹からの展望  北側

 

中腹からの展望  小港側

 

 

 

中腹にある露天の砲台跡

戦争末期に近くの洞窟内に移設

 

三八式野砲洞窟陣地(野羊山)

 

山頂から見える 蛸岩

 

山頂付近の航空障害灯

 

三角点

 

小笠原の山にある三角点訪問地

 

 

 

 

野羊山の観光利用は?

 

野羊山は全域国有林です。

森林生態系保護地域のバッファーゾーンとなっています。

 

現在、観光ルートとしては認められていません。

したがって、観光で行くことはできません。

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。