小笠原マルベリー

父島海軍航空隊の名残


 

父島海軍航空隊の名残

 

1939年に開設された父島海軍航空隊。

大村地区に基地や水上機のスロープ、洲崎に飛行場、

夜明平に送信所などがありました。

 

基地だったところは

海上自衛隊父島基地分遣隊になっています。

スロープはそのまま残り、救難飛行艇の来航時に利用しています。

 

洲崎の飛行場は1937年にできています。

跡地はどこが滑走路かもわからない状態で、

工事資材置き場や樹林などになっています。

掩体壕はありませんが、格納庫壕が残っています。

 

送信所の一部は国立天文台の研究施設となっていますが、

建物やアンテナ土台など残っているものもあります。

 

日本軍の飛行機は全く残っていません。

 

 

基地

 

現在は父島基地分遣隊で、まちの端に基地の門があります。

高台から見下ろす基地全景 基地の大部分は埋め立てです。

 

父島基地分遣隊の門

 

飛行艇が上陸に使うスロープ

 

  爆撃で52名がなくなった壕

 

監視壕

父島海軍航空隊監視壕(大根山): マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

 

 

 

飛行場

 

かつて洲崎の浅瀬が

飛行場を作るために埋め立てられた地です。

また崖地に飛行機の格納庫として作られた壕が残っています。

 

地図

 

空き地になっているエリア

 

南側の海辺 象鼻崎の岩はかなり削られたようです。

象鼻﨑、今・昔: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

 

格納庫壕 格納庫として使うことはなかったようです。

洲崎飛行場飛行機格納庫(洞窟): マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

 

 

送信所

 

樹林の中にひっそり残る送信所  発電所のようです。

 

アンテナ土台

 

父島海軍航空隊送信所: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

父島海軍航空隊送信所アンテナ土台: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

 

 

 

ツアーでは

 

基地の場所は自衛隊のため、入ることはできませんので、

高台からの遠望だけです。

 

洲崎の飛行場や夜明平の送信所は訪問可能です。

 

 

これらの場所は島内観光・戦跡ツアーで訪れます

 

ただ洲崎の格納庫跡は、

戦跡ツアーで、足場も悪いので、健脚の方向きです。

 

戦跡ツアー

 

自然景観(島内観光)ツアー

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。