小笠原マルベリー

朝立岩付近にある戦争末期の巽谷砲台


 

朝立岩付近にある戦争末期の巽谷砲台

 

概要

 

巽谷砲台は大戦前から露天で設置されていた砲台ですが、

戦争末期に洞窟陣地として朝立岩付近に移設されました。

 

陸軍父島要塞巽谷砲台(露天)

 

もとの砲台で、据えられていたのは三八式十二糎榴弾砲4門です。

2門は母島に移設されました。

 

この洞窟陣地は砲台が西向き1、東向き2ですが、残っている残骸は2門です。

なぜ東向きに2つ砲台がつくられた理由はわかりません。

 

ここに行くには、徒歩で1時間以上はかかります。

 

 

 

砲台

 

この洞窟陣地には破壊された砲が2門あるのですが、

いずれも前後逆向きになっています。

どうしてそうなっているのかはわかりません。

外に出したものを中に入れたときに前後逆にしたという風に見えます。

 

西向きの砲台

 

西向き砲台の残骸

 

東向きの砲台 南側

 

東向きの砲台 北側

 

  

砲に残っていた銘板 「明治45年製 №127 大阪砲兵工廠」

かなり以前に盗まれています。

 

「明治四十五年製 №127 大阪砲兵工廠 」: マルベリーの日記&小笠原情報箱 (seesaa.net)

2016年ごろまではまだありました。

朝立岩の監視場所は東西に出入口があります 

 

 

東側出入口

 

 

同じ砲のレプリカ

 

佐田岬の砲台に展示するレプリカです。

 

愛媛県佐田岬穹窖砲台<第3・第4砲台>(2020年11月訪問)

 

 

 

ツアーでは

 

ここは徒歩1時間以上かかるので、戦跡ツアーで来ることはまずありません。

どうしてもという方は事前にリクエストして下さい。

この往復だけで半日は費やします。

 

戦跡ツアー

 

千尋岩コースでは、比較的いので、立ち寄ることは可能です。

これも事前にリクエストいただくと助かります。

 

千尋岩(ハートロック)ルート

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

マルベリーでは、山歩き(千尋岩)、森歩き、戦跡ツアー、スター&ナイトツアー、サンセット・ナイト、歴史ツアーなどを開催しております。

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    吉井 信秋

    大阪市旭区生まれ。 茨城県立水戸一高で硬式野球部所属。 北海道大学農学部林産学科(現・森林科学科)卒業。 某企業に就職、栃木県鹿沼市の研究所に配属される。 数年後、異動により東京勤務。さらに数年後、依願退職。 その後、小笠原・父島に移住。 島でいくつかの仕事を経験後、2000年独立開業。 小笠原で山歩き、森歩き、戦跡などの陸域専門ガイドを勤める。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。


    関連記事RELATED ARTICLE

    SHARE
    PAGE TOP
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。